« 「集団的労使関係を考える」 @『月刊労委労協』2016年6月号 | トップページ | マタハラの正味の真水部分 »

2016年6月27日 (月)

性別・年齢等の属性と日本の非典型労働政策@『日本労働研究雑誌』2016年7月号

Jil07『日本労働研究雑誌』2016年7月号に「性別・年齢等の属性と日本の非典型労働政策」を寄稿しました。

「性別・年齢と非典型雇用」という特集の一つです。

http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2016/07/index.html

性別・年齢等の属性と日本の非典型労働政策 濱口桂一郎(JILPT主席統括研究員)
非典型雇用者の階層構成と社会移動の趨勢 三輪哲(東京大学社会科学研究所准教授)
国際比較でみる日本の非典型雇用─雇用流動化のなかの非柔軟な構造 岩上真珠(聖心女子大学人間関係学科教授)
非正規従業員と組織からの支援認識 蔡芢錫(専修大学経営学部教授)
非正規労働者の多様化と労働組合 禿あや美(跡見学園女子大学マネジメント学部准教授)

私の論文の要約と目次は次の通りです。

 「典型雇用」と「非典型雇用」という雇用形態の軸と、性別・年齢といった労働者の属性に係る軸は本来別物であり、現実にも必ずしも重なっていた/いるわけでもない。たとえば、高度成長期以前に注目された「臨時工」は、「本工」と性別・年齢等の属性が大きく異ならないと考えられ、それゆえに深刻な政策課題とされていた。
 しかしながら、とりわけ高度成長期に確立し、1990年代半ばまで維持されてきた雇用-社会システムにおいては、この両軸がかなりの程度重なると考えられ、それを前提に様々な政策が講じられ/あるいはむしろ講じる必要はないとされた。たとえば、パートタイマーは自らをまず家庭の主婦と位置づけ、その役割の範囲内で家計補助的に就労するという意識が中心であったため、職場の差別が問題視されなくなった。また派遣労働者は結婚退職後のOL、嘱託は定年退職後の高齢者、アルバイトは学業が主の学生とみなされ、こうした社会的属性が労働問題としての意識化を妨げていた。
 1990年代以降、いわゆるフリーターの増大をきっかけとしてこの両軸の関連性は徐々に低下してきているが、なおかつて確立していた雇用-社会システムの影響力は強く、一方の軸に着目した政策を採ろうとする際に、他方の軸から来るイメージがそれを妨げる傾向も見られる。

Ⅰ はじめに
Ⅱ 臨時工
Ⅲ 主婦パート
Ⅳ 派遣労働者と嘱託・契約社員
Ⅴ フリーター
Ⅵ 非正規労働問題の復活

なお、そのほかに今月号で注目しておきたいのは、「論文Today」という紹介の小文ですが、石﨑由希子さんが「クラウドワーク:新たな労働形態─使用者は逃亡中?」を書かれています。

|
|

« 「集団的労使関係を考える」 @『月刊労委労協』2016年6月号 | トップページ | マタハラの正味の真水部分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/66226324

この記事へのトラックバック一覧です: 性別・年齢等の属性と日本の非典型労働政策@『日本労働研究雑誌』2016年7月号 :

« 「集団的労使関係を考える」 @『月刊労委労協』2016年6月号 | トップページ | マタハラの正味の真水部分 »