フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 『労働法学研究会報』第2620号 | トップページ | 平地一郎さんの拙著書評@『社会主義』5月号 »

2016年5月 7日 (土)

「日本型雇用、賃金システムの本質をつく、名著」@amazonレビュー

131039145988913400963 久しぶりに、amazonレビューで『新しい労働社会』(岩波新書)が取り上げられました。評者は「沙風琴」さんです。

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4004311942/ref=cm_cr_dp_synop?ie=UTF8&showViewpoints=0&sortBy=recent#R21M9RK9ZNOJK9

年功序列、終身(長期)雇用、企業別組合が、日本型雇用制度の三種の神器といわれていることは、誰でも知っている。

この日本型雇用システムの本質は、職務に基づいて採用し、評価する、職務給制度ではなく、職務遂行能力を資格化した「職能給制度」にあると喝破している。

この本質をベースに、今まで、バラバラに頭に入っていた色々な事象が、根は一つなのだということが理解できる。

取り扱っている社会事象は非常に幅広く、かつ一つ一つの事象についての考察はとても深い。

そういった意味で、レベルとしては啓蒙書の域を凌駕しているが、説明は平易。  名著です。

そしていくつか具体的なテーマを取り上げて解説していただいたあと、

このように、取り扱うテーマは非常に幅広く、かつ掘り下げは非常に深い名著です。

日本型の雇用制度の本質を理解されたいかたに、お勧めの一冊です。 

繰り返し「名著」と評していただきました。ありがとうございます。

« 『労働法学研究会報』第2620号 | トップページ | 平地一郎さんの拙著書評@『社会主義』5月号 »

新しい労働社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『労働法学研究会報』第2620号 | トップページ | 平地一郎さんの拙著書評@『社会主義』5月号 »