« uncorrelatedさんの拙著書評 | トップページ | 成果主義で賃上げの効果が消える!? »

『労働調査』3月号は「特集 同一労働同一賃金の実現に向けて」

Coverpic 『労働調査』3月号は「同一労働同一賃金の実現に向けて」を特集しています。

http://www.rochokyo.gr.jp/html/2016bn.html#3

人事管理から「同一価値労働同一賃金」について考える 今野 浩一郎(学習院大学経済学部・教授)

公平・公正な賃金の国際基準は「同一価値労働同一賃金」 森 ます美(昭和女子大学人間社会学部・教授)

同一労働同一賃金と集団的労使関係システム 濱口 桂一郎(独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT) 主席統括研究員(兼労使関係部門統括研究員))

「同一労働同一賃金」に関する連合の取り組みと今後の課題 村上  陽子(日本労働組合総連合会(連合)・総合労働局長)

同一価値労働同一賃金とワークライフバランス 松井 健(UAゼンセン・政策・労働条件局・常任中央執行委員)

さらにくわえて、もう5年も前にとりまとめられたJILPTの「雇用形態による均等処遇についての研究会報告書」まで一緒に載っています。

|

« uncorrelatedさんの拙著書評 | トップページ | 成果主義で賃上げの効果が消える!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『労働調査』3月号は「特集 同一労働同一賃金の実現に向けて」:

« uncorrelatedさんの拙著書評 | トップページ | 成果主義で賃上げの効果が消える!? »