フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 未だにこんな議論がまかり通っているのか・・・(再掲) | トップページ | 加藤恵津子, 久木元真吾『グローバル人材とは誰か』 »

2016年3月 7日 (月)

非ジョブ型大学と不動産投資

西川純さんのブログで、一見何のことを言ってるのかすぐにはわかりにくい譬え話が書かれています。

これを読んで、何の譬え話だかわかりますか?

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20160305/1457171331 (愚か)

 ある若者がいました。父を早くなくし、母のパートで生計を立てています。同級生がオシャレを楽しんでいるとき、それをぐっと我慢していました。豊かになりたい。親孝行をしたいと願いました。そこで目をつけたのは不動産投資です。不動産投資の勉強を一生懸命にしました。しかし、投資するためのお金がない。そこで借金をしました。ところが投資はうまくいきません。やがて借金生活になりました。とても払えません。しかたなく破産することにしました。しかし、破産した場合、連帯保証人の母に督促が行きます。母はわずかな年金で生きています。

 これを読んで若者に同情しますか?

 その若者が「家が貧乏だったら不動産投資をしてはいけないのか?」と言ったらどう思いますか?

 その若者が貧しい家庭の人が不動産投資をするための基金づくりのために募金活動をしたら、あなたは募金しますか?

 私は同情しません、募金もしません。

 そして、「何で不動産投資みたいなものに手を出すんだ。もっと地道にやれることがあるだろう。」と思います。

 おそらく、大方の人は同意すると思います。

と、ここまで読んでも、多分かなり多くの人は、不動産投資するような若者には同情できないな、と思いながら、それにしてもこの筆者はこの譬え話で何を言いたいんだろう、といぶかしく感じているのではないかと思います。

その正体はすぐに明かされます。

 中日新聞が奨学金で苦しむ若者を特集しました。・・・それを読んだとき、私は「愚かだな~」と思います。今の世の中で、投資に見合うものを提供できる大学は多くありません。分の悪い投資なのです。もともと、お金に余裕がある人がやるのはいいですが、借金してまで投資するものではないのです。

 中途半端な非ジョブ型大学に行くぐらいだったら、職業高校で手に職をつければ良いのです。高卒で大卒より安定した生活を得ている人は少なくありません。

 その若者に大学進学という不動産投資を教えた人がいるはずです。おそらく、教師でしょう。たしかに昔は大学進学という投資が儲かった時代もありました。でも、今はそうでないことを、不勉強な教師は知らないのです。

そう、金を稼げないような非ジョブ型大学に行くために金をつぎ込むのは、不動産投資をするのと同じくらい「地道じゃない」ことだという、ジョブ型社会であれば極めてまっとうな常識です。ジョブ型社会であれば。

でも、実を言うと話はそこで終わりではありません。

普通であれば不動産投資と同じような金が余っていればやっても良い道楽であるはずの非ジョブ型大学への進学が、必ずしもそう見なされてこなかった、いやむしろ、なまじジョブ型の教育機関などに行くと落ちこぼれと見下され、非ジョブ型大学でスキルのかけらも身につけなかった学生の方が、企業から好んで採用されるという状況が数十年にわたって継続してきたという日本の現実があればこそ、不動産投資とは全然異なるまっとうな投資として高く評価され、それゆえにそれを目指して苦労したあげくに苦しむ若者を生み出しているわけですから。

非ジョブ型を高く評価するという奇妙な社会の現実に過剰適応したことをその中で育ってきた若者の個人責任として糾弾して済む話ではない、からこそ、問題は構造的に論じなければならないのです。

« 未だにこんな議論がまかり通っているのか・・・(再掲) | トップページ | 加藤恵津子, 久木元真吾『グローバル人材とは誰か』 »

コメント

奨学金問題の記事をこのごろよくウェブで見かける気がします。で、先日別エントリのコメント欄で触れた浅羽通明氏による大学論『大学で何を学ぶか』を改めて思い出します。

モグリ学生に徹していろんな講義を学び、そうやって自分の実力を磨いて大手企業就職活動のときにアピールすれば学校在学者でなくても振り向いてもらえる…などと夢みたいなことを思ってはいけない。雇う側がほしいのはそういう個性の強い若者ではなく、入社後にどんな色にも染まってくれる柔軟や若者がほしいのだから。また、会社員をしながら司法試験に合格するような努力家さんも、トラバーユ(死語かな)の際にはかえって不利になる。なぜなら、そこまで自立心のある人間を入れてしまったら、またいつ去られるかわかったものではないと判断されるのがオチだから――そういう主張が書かれていて、とても考えさせられました。1996年刊行の、かなり前の本なのにいまだに新しい。つまり日本の雇用システムはそのくらい旧態依然ということですけど。

このエントリの話題とは少々離れますが、ふっと思ったことがあったので頭の整理を兼ねて以下綴ってみます。

今また海外向けに日本のアニメ論を書き下ろすつもりなのでいろいろネタ探ししてるんですけど、雇用のシステムがどう各時代のアニメ作品に反映されているかを論じてみようかなーと考えています。『宇宙戦艦ヤマト』の女性士官(いわゆる紅一点)は、実は主人公たちと違って士官学校出ではなく看護学校出の設定だと昨日Wikipédia検索ではじめて知って驚きました。放映が始まった1974年当時の日本では、短大出のOLに当たると思います。それが士官学校出つまり大卒男子のかっこいいエリートお兄さん達(といっても劇中ではため口でした)に囲まれて頼りにされて、次の艦長候補であるお兄さん(主人公)と恋仲になって、最終回でしっかりハッピーエンド。今は忘れられているようですが当時あのアニメに熱狂したのは女の子たちでした。OLの道がまだまぶしかった時代…

3年前にリメイクというかリブート版が作られて、こちらでは女性乗員がひとりではなく船内(社内ですね)の各部署に女性乗員つまり女性社員が配置されていましたが、それでも往年のOLみたいな扱いでした。現在の海上自衛隊に倣った階級設定がされているのに。(そういえば航海中なのに物語終盤で妊娠してしまうとんでもない看護師までいました!) 宇宙海軍なのに現実の日本社会における雇用システムと身分意識がにじみ出てしまうのは面白い現象だと思いました。

はまちゃんブログに接すればするほどに、さらにご登場される各コメント論者のご意見も拝読させていただくほどに、たとえば今回のエントリー課題の頻度の高さに各社会セクターの連鎖による時間(世代)の連続性にも言及しなければいけないなあとも思っております。
セクターごとの問題に特化せざるをえないブログの性向もありましょう。
が、「出口=初等教育から高等・大学に至る」と「入口=大中小企業群」が密接にある部分では都合よく接合され時にうまく同期してきた企業福祉社会であったのでしょうが、そこにはそれを脱出できた世代、もろに今影響を受け不遇な世代、いやでもなんでも今まさにその世界に入らざるを得ない世代、そして初等教育より高等・大学につながる予備軍的世代ごとのその影響を雇用とともに均していく施策もこうした問題に造形深い皆様によって語られるといいなあと思います。
いつもこうした言及方法で申し訳ないのですが、こうした課題の発生時期を機転にした世代時間を微分しストック問題とするより、積分によるフロー問題として連続性が意識されるといいですね。未来は所詮不確実性ですから、以上を克服するプロセス蓄積をヒューリスティックに活用する社会が望ましいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非ジョブ型大学と不動産投資:

« 未だにこんな議論がまかり通っているのか・・・(再掲) | トップページ | 加藤恵津子, 久木元真吾『グローバル人材とは誰か』 »