フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 外国人を「労働力」に位置づけ@日経新聞 | トップページ | 拙著からハーシュマンへ »

2016年3月16日 (水)

松永桂子『ローカル志向の時代』

9784334038915松永桂子さんの『ローカル志向の時代 働き方、産業、経済を考えるヒント』(光文社新書)を編集部よりお送りいただきました。

http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334038915

豊かさが示すところは時代によって変わる。いま、価値を持ち始めているのは、人とのゆるやかなつながりや安心感など、貨幣的価値に還元できないもの。そして、これまでとは異なるライフスタイル、価値観、仕事、帰属意識が生み出されつつある。
都市と農村のフラット化、新たなスタイルの自営業、進化する都市のものづくり、地場産業、地域経営、クラウドファンディングetc.
いま、日本社会の底流で何が起きているのか――。現在の「ローカル志向」を解き明かすために、「地域」をベースにして、経済や消費、産業の領域から個人と社会の方向性について考える。

正直言うと、私の問題意識とクロスするところはそれほどなかったのですが、地域雇用を考える上では「新たな自営」というのをもう少し真面目に考える必要があるのだろうな、と感じました。

« 外国人を「労働力」に位置づけ@日経新聞 | トップページ | 拙著からハーシュマンへ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松永桂子『ローカル志向の時代』:

« 外国人を「労働力」に位置づけ@日経新聞 | トップページ | 拙著からハーシュマンへ »