« 中対オルグ60年 | トップページ | 移る権利、移らない権利 »

2016年2月 4日 (木)

なんだかすごくじわじわエピソード的

Img_752f5d874047328e26f434ce08fbda5今までも拙著を評論していただいてきている「細波水波」さんが、『働く女子の運命』にもやや長めのコメント。

http://yaplog.jp/mizunami/archive/674

hamachanの新書ももう5冊目。分野別が中高年・若者ときて今度は女性。ちなみにどーでもいいことですが、岩波、日経、ちくま、中公、文春とラインナップがバラバラなのはなぜだろう。ぶれずに同じ話なのですが、書名には出版社カラーが出る気がします(笑)。

タイトルは編集者との合作ですから(笑)。

この本の主たる魅力は、戦前から女性監督官がいたなんて知らなかったよ~!!とか、そういうエピソードの数々が第一かなと。若年定年制や、その当時の会社側主張などは(私には)なじみのある話だったので「ふんふん」くらいの感じですが、こういうことを「大学で労働法や労働経済の講義で学ぶ(しかもそれなりに突っ込んで学ぶ)」以外の機会に知ってもらうことができるのは、ものすごく貴重なことだと思います。長期勤続のメンバーシップ(という言い方ではないにせよ)に(多くの場合自発的に≒社会システム的に)入らないことが女性の低賃金(のみならずそれと表裏一体/ニワトリタマゴの別コースなど)の原因であるということが、ずいぶん昔からその時々の女性の(別に男性でもよかったんでしょうが)官僚や研究者の言葉で指摘されてきていたということとか。・・・そう、「文献の引用」がなんだかすごくじわじわエピソード的なんですよね。それはhamachan先生の意図なのか、読む私が女子だからなのか、原資料を書かれた方の切なる思いなのか。均等法をつくる、そのうち大河でやりませんかねぇ。

そうそう、実はこの本の隠れた狙いは、あんまり人に知られていなさそうな昔のエピソードをほじくり返してきててんこ盛りにして、それでもって女子の歴史を伝えるということなんです。

ニッポン初の女性監督官谷野せつなんか、大河ドラマとまではいいませんが、朝の連続テレビ小説あたりで取り上げてくれると嬉しいな、と。

彼女の出た戦前の日本女子大学ってのは、今放映中の広岡浅子が作った大学だったりするので、つながりはあるし。

|
|

« 中対オルグ60年 | トップページ | 移る権利、移らない権利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/63786564

この記事へのトラックバック一覧です: なんだかすごくじわじわエピソード的:

« 中対オルグ60年 | トップページ | 移る権利、移らない権利 »