« 一億総活躍国民会議の資料から | トップページ | Employment and Social Developments in Europe 2015 »

タイトルの問題

Img_752f5d874047328e26f434ce08fbda5拙著『働く女子の運命』について、こういうツイートが・・・、

https://twitter.com/misoshige/status/702178262529679360

最近よくあるキャッチャーなだけでペラペラな新書ではなく、かなり本格的で硬派な「明治期から今日までの日本女性労働史」なので、このタイトルで買う層は途中で読むの放棄しそうだし、こういうのが好みな層にはこのタイトルでは手にとってもらえないだろうなという…

https://twitter.com/misoshige/status/702178898537115648

中身はいいのに誰にどう売りたいのかブレブレでちょっと編集者のセンスなさすぎでしょ。私なら『女子と労働』なんてタイトルにするぞ

ただ、この点については私はむしろこのタイトルだからこそ、「本格派で硬派」な人だけじゃなく、広く関心のある人に手にとって貰えているという効果があるように思います。

オビの上野千鶴子さんの顔も賛否両論あるようですが(笑)、私としては編集者の判断は少なくともマーケットを拡大してより多くの人に読まれるという観点からは成功していると思いますよ。

そして、その人たちが「途中で読むの放棄」しているわけではないと、少なくともネット上の反応からは思います。

|
|

« 一億総活躍国民会議の資料から | トップページ | Employment and Social Developments in Europe 2015 »

働く女子の運命」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/64116368

この記事へのトラックバック一覧です: タイトルの問題:

« 一億総活躍国民会議の資料から | トップページ | Employment and Social Developments in Europe 2015 »