« 『法律時報』3月号がすごそう | トップページ | 松尾匡さんとのやりとり »

「口笛はいつもクロマニヨンズ」の拙著評

Img_752f5d874047328e26f434ce08fbd_2 與那覇文哉さんの「口笛はいつもクロマニヨンズ」というブログで、拙著『働く女子の運命』が書評されています。

http://ameblo.jp/reading-girls-baseball/entry-12130696210.html

冒頭、

著者の濱口桂一郎は、労働問題に疎い私にとって貴重な存在で、彼の本は重宝している。

というのから始まり、拙著のトピックをいくつか紹介した上で、

賃金問題にしろ、女性労働問題にしろ、個別的に述べるのではなく、日本的雇用慣行から派生される問題として論じているので、全体像が見渡せ安く、わかりやすかった。良書である。

と評していただいております。ありがとうございます。

|

« 『法律時報』3月号がすごそう | トップページ | 松尾匡さんとのやりとり »

働く女子の運命」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/64057805

この記事へのトラックバック一覧です: 「口笛はいつもクロマニヨンズ」の拙著評:

« 『法律時報』3月号がすごそう | トップページ | 松尾匡さんとのやりとり »