フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« EUのコラボラティブ・エコノミー政策 | トップページ | 最低賃金が毎年3%ずつ増加したら・・・ »

2015年11月23日 (月)

奥谷禮子『如是我聞2』

745_l ザ・アールの奥谷禮子さんから『如是我聞2』(亜紀書房)をお送りいただきました。ありがとうございます。

http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=745&kw=%E5%A5%A5%E8%B0%B7%E7%A6%AE%E5%AD%90

一企業が23年間、隔月でフリーペーパーを出し続けてきた。本書はその10年目以降の全単文時評492篇と対談(72回)のセレクションをまとめたものである。

目からウロコの時評集成、読みごたえあり!

わたくしも一度呼ばれて対談したことがあるのでお送りいただいたのだと思いますが、わたくしとの対談はそれほど面白くないと思われたためか、本書に収録されていません。

収録されている対談は次の通りですが、

「新しい中世」の課題――vs田中明彦

美術館が街をイキイキさせる――vs蓑豊

安藤流、不況の打開策――vs安藤忠雄

中高年のクライシス――vs工藤美代子

これからの日米の動向――vs藤原帰一

次の世代に歌をつないでいきたい――vs五木ひろし

絶望の国の希望とは?――vs古市憲寿

死に逝くひとへの化粧――vs小林照子

生まれ変わっても、また映画プロデューサーに――vs日下部五朗

百聞は「実験」に如かず――vs湯本博文

自殺率が日本で“いちばん”低い町の秘密――vs岡檀

これらには及ばないまでも、わたくしとの対談もそれなりに興味深い論点が示されていると思いますので、ご参考までに:

http://homepage3.nifty.com/hamachan/20140109113005688.pdf

« EUのコラボラティブ・エコノミー政策 | トップページ | 最低賃金が毎年3%ずつ増加したら・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥谷禮子『如是我聞2』:

« EUのコラボラティブ・エコノミー政策 | トップページ | 最低賃金が毎年3%ずつ増加したら・・・ »