フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 石井知章編『現代中国のリベラリズム思潮』 | トップページ | 勤務間インターバル特集@『労働の科学』 »

2015年11月 1日 (日)

永井彰子『聖人・托鉢修道士・吟遊詩人』

41pbzupioal_sx344_bo1204203200_ 永井彰子さんからご著書『聖人・托鉢修道士・吟遊詩人』(海鳥社)をお送りいただきました。ありがとうございます。

http://kaichosha-f.co.jp/persons/3908.html

盲目の乞食楽士の絵に導かれ、ヨーロッパの盲人の歴史を探る。 盲人の聖人への信仰から吟遊詩人、中世フランスの救済院、ウクライナのゴブザーリ、さらに琵琶、リュートの歴史まで……。音楽や語り物、宗教儀礼など特異な文化の担い手であった盲人の世界。

永井さんは博士論文をもとにかつて『日韓盲僧の社会史』(葦書房)を刊行されましたが、本書はいわばその延長線上に、ドイツ、フランス、をはじめ、ウクライナまでヨーロッパのあちこちを探訪し、最後の章では琵琶とリュートの歴史をユーラシアを東西に見渡しながら論じておられます。

ちなみに、

1936年生まれ。東北大学卒業、九州大学大学院博士課程修了、比較社会学文学博士(九州大学)単著に『日韓盲僧の社会史』(葦書房、2002年)。共著に『日本伝説大系 第10巻 山陽』(みずうみ書房、1987年)、『大系日本歴史と芸能 第六巻 中世遍歴民の世界』(平凡社、1990年)、『身分的周縁』(部落問題研究所出版部、1994年)、『岩波講座 歌舞伎・文楽 第3巻 歌舞伎の歴史Ⅱ』(岩波書店、1997年)。編著に『福岡県史 文化史料編 盲僧・座頭』(福岡県、1993年)などがある。

« 石井知章編『現代中国のリベラリズム思潮』 | トップページ | 勤務間インターバル特集@『労働の科学』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永井彰子『聖人・托鉢修道士・吟遊詩人』:

« 石井知章編『現代中国のリベラリズム思潮』 | トップページ | 勤務間インターバル特集@『労働の科学』 »