« クラブのママの労働者性 | トップページ | 奥谷禮子『如是我聞2』 »

2015年11月23日 (月)

EUのコラボラティブ・エコノミー政策

先週11月19日の規制改革会議では、シェアリング・エコノミーについていろいろ議論されたようですが、

http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/meeting/2013/committee4/151119/agenda.html

日本では民泊とホテル営業の関係ばかりが注目されているようですが、この問題は結構広がりがあります。とりわけ、労働法との関係は、もっと注目されて良いのではないかと思います。

EUでも最近、この問題がコラボラティブ・エコノミーという名称で政策課題として取り上げられてきていますが、その中ではちゃんと労働問題への目配りもされており、参考にされていいようにおもいます。

先月10月28日の欧州委員会コミュニケーション「単一市場を格上げする」において、「コラボラティブ・エコノミーの均衡ある発展を可能にする」という項目で、

http://ec.europa.eu/DocsRoom/documents/14007/attachments/1/translations/en/renditions/native

However, the emergence of new business models often impacts existing markets, creating tensions with existing goods and services providers. Both sides complain of regulatory uncertainty over the application of rules on consumer protection, taxation, licensing, health and safety norms, social security and employment protection. Hasty or inadequate regulatory responses to these challenges risk creating inequality and market fragmentation.

Such difficulties and uncertainty need to be addressed. A clear and balanced regulatory environment is needed that allows the development of collaborative economy entrepreneurship; protects workers, consumers and other public interests; and ensures that no unnecessary regulatory hurdles are imposed on either existing or new market operators, whichever business model they use.

しかしながら、新たなビジネスモデルの出現はしばしば既存の市場に影響を与え、既存の商品やサービスの提供者との緊張生み出す。いずれの側も消費者保護、課税。免許、安全衛生規範、社会保障、そして雇用保護に関する規制の適用の不確定さに不満を抱いている。これら課題への性急なまたは不十分な規制的対応は、不平等と市場の分断かをもたらしかねない。

かかる困難と不確定さは対処される必要がある。コラボラティブ・エコノミーの起業家精神の発展を進め、労働者、消費者及び他の公益を保護し、いかなるビジネスモデルを利用しようが既存業者と新たな市場活動者に不要な規制のハードルを課さない明確かつ均衡のとれた規制環境が必要である。

このあたりを詳しく述べている職員作業文書には、もう少し詳しい記述があります。

http://ec.europa.eu/DocsRoom/documents/14012/attachments/1/translations/en/renditions/native

その少し前の9月24日には、欧州委員会からプラットフォーム、オンライン仲介、データとクラウド・コンピューティング、コラボラティブ・エコノミーに関する一般協議が開始されています。

http://europa.eu/rapid/press-release_IP-15-5704_en.htm

This consultation seeks evidence and input for the Commission's comprehensive analysis of the role of online spaces where providers and users of content, goods and services can meet (such as internet search engines, social media, knowledge and video sharing websites, news aggregators, app stores and payment systems). The consultation looks into the role of platforms in the online content distribution. It also explores how to handle illegal online content (for example hate speech, child abuse content or content that infringes intellectual property rights), how far and in what way online intermediaries should respond, and what duty of care intermediaries may have towards their users. This is the first step in the Commission's examination of the issues around platforms, and will feed into a comprehensive assessment on the role of platforms and intermediaries planned for the first part of 2016.

同時多発テロに揺れるヨーロッパですが、経済社会政策でも大きな波に対応しようとしているようです。

|
|

« クラブのママの労働者性 | トップページ | 奥谷禮子『如是我聞2』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/62640194

この記事へのトラックバック一覧です: EUのコラボラティブ・エコノミー政策:

« クラブのママの労働者性 | トップページ | 奥谷禮子『如是我聞2』 »