フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「団体」であることへの理屈を超えた敵意 | トップページ | まなびやマニーさんの拙著評 »

2015年10月20日 (火)

加大『労使関係』誌が最賃特集

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-413b.html(経済ジャーナリスト、経済評論家、経済学者・・・)

の追記。

Coverたまたまカリフォルニア大学労働雇用研究所の雑誌『労使関係』(Industrial Relations: A Journal of Economy and Society)の2015年10月号が、最低賃金を特集していて、

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/irel.2015.54.issue-4/issuetoc

そのクリューガーさんも「最低賃金に関する経済的思考の歴史」という文章を寄せていたりしてました。

The History of Economic Thought on the Minimum Wage Alan B. Krueger

« 「団体」であることへの理屈を超えた敵意 | トップページ | まなびやマニーさんの拙著評 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加大『労使関係』誌が最賃特集:

« 「団体」であることへの理屈を超えた敵意 | トップページ | まなびやマニーさんの拙著評 »