フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 藤木貴史「アメリカの集団的労使関係法における熟議民主主義」 | トップページ | 博士課程が職業訓練ならば訓練手当を出すのは当たり前、カルチャーセンターならば・・・ »

2015年9月14日 (月)

『平成27年度日本留学試験(第1回)試験問題』

5913凡人社から刊行された『平成27年度日本留学試験(第1回)試験問題』をお送りいただきました。

http://www.bonjinsha.com/product/?item_id=5913

というのは、この試験問題の中に、わたくしの『新しい労働社会』(岩波新書)の一節が使われているからです。

日本に留学しようとする外国の学生たちに、日本型雇用システムを解説する私の文章が真っ先に読まれるというのも意義深いものを感じます。

« 藤木貴史「アメリカの集団的労使関係法における熟議民主主義」 | トップページ | 博士課程が職業訓練ならば訓練手当を出すのは当たり前、カルチャーセンターならば・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『平成27年度日本留学試験(第1回)試験問題』:

« 藤木貴史「アメリカの集団的労使関係法における熟議民主主義」 | トップページ | 博士課程が職業訓練ならば訓練手当を出すのは当たり前、カルチャーセンターならば・・・ »