フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« その「社会民主主義」ってどこの社会民主主義? | トップページ | L型談義 »

2015年8月22日 (土)

パプーシャの黒い瞳

ポーランド映画。

http://www.moviola.jp/papusza/

T0019731q 書き文字を持たないジプシーの一族に生まれながら、幼い頃から、言葉に惹かれ、文字に惹かれ、こころの翼を広げ、詩を詠んだ少女がいた。ブロニスワヴァ・ヴァイス(1910-1987)、愛称は“パプーシャ”。ジプシーの言葉で“人形”という意味だ。彼女は成長し、やがてジプシー女性として初めての「詩人」となる。しかし、その天賦の才能は彼らの社会において様々な波紋を呼び、その人生を大きく変えることになった……。

生まれたときは第一次大戦前なのでロシア領だったはず。少女時代も独立共和国とはほとんど縁のない放浪の生活。ナチスの占領をくぐり抜けて、社会主義体制下で定住化政策が進められ、それと独自の文化を守ろうとするジプシーたちの対立という大きな時代の流れが背景にあって、その狭間を生きざるを得なかった彼女の悲劇が際立って浮かび上がるのでしょう。良かった。

« その「社会民主主義」ってどこの社会民主主義? | トップページ | L型談義 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パプーシャの黒い瞳:

« その「社会民主主義」ってどこの社会民主主義? | トップページ | L型談義 »