フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 『月刊人事労務実務のQ&A』7月号に「青少年雇用促進法案が目指すもの」を寄稿 | トップページ | 平成26年度個別労働紛争解決制度施行状況 »

2015年6月12日 (金)

佐伯芳子『移住女性と人権』

佐伯芳子さんから『移住女性と人権』(尚学社)をお送りいただきました。ありがとうございます。

佐伯さんは私は全く存じ上げない方ですが、著者紹介によると、東京女子大卒業後長く東京都の労政事務所等に勤務して、再び母校で博士号を取られ、現在東京女子大の研究員ということです。

残念ながらまだ版元のHPに載っていないようなのですが、はしがきの冒頭のこの言葉が研究の出発点なのでしょう。

「フィリピン人は、街を歩いているだけで、ばかにされることが悔しい」

インタビュー調査の時に、あるフィリピン女性が語った言葉である。彼女の言葉は「移住女性と人権」というテーマにどう関わるかを深く考えるきっかけともなった。・・・・・

« 『月刊人事労務実務のQ&A』7月号に「青少年雇用促進法案が目指すもの」を寄稿 | トップページ | 平成26年度個別労働紛争解決制度施行状況 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐伯芳子『移住女性と人権』:

« 『月刊人事労務実務のQ&A』7月号に「青少年雇用促進法案が目指すもの」を寄稿 | トップページ | 平成26年度個別労働紛争解決制度施行状況 »