« 岸健二編『業界と職種がわかる本 ’17年版』 | トップページ | ドイツ鉄道:大規模スト、労働法改正に抵抗か の背景 »

EUがドイツ最低賃金法を条約違反だと言ってる

昨日、欧州委員会が、ドイツの最低賃金法をEU条約違反だと言い出したようです。

http://europa.eu/rapid/press-release_IP-15-5003_en.htm

The European Commission decided today to launch an infringement procedure against Germany, concerning the application of the Minimum Wage Act to the transport sector. Following an exchange of information with the German authorities and a thorough legal assessment of the German measures, the Commission has sent a Letter of Formal Notice to Germany. This constitutes the first step in the infringement procedure.

Whilst fully supporting the introduction of a minimum wage in Germany, the Commission considers that the application of the Minimum Wage Act to all transport operations which touch German territory restricts the freedom to provide services and the free movement of goods in a disproportionate manner.

これを読むと、別に最低賃金法を導入すること自体がけしからんといっているわけではなく(それならけしからん国が山のようにあるはず)、ドイツ国内を走る自動車すべてに適用することが、サービス提供の自由に反するという理屈のようです。

しかし、そういうのを認めていくと、安い外国の運輸業者を使おうという話になるかも知れないわけで、そう簡単に分かりましたという話でもなさそうです。

EU市場統合と労働法の相克というテーマにまた一つトピックが追加されたということですね。

|
|

« 岸健二編『業界と職種がわかる本 ’17年版』 | トップページ | ドイツ鉄道:大規模スト、労働法改正に抵抗か の背景 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/60070650

この記事へのトラックバック一覧です: EUがドイツ最低賃金法を条約違反だと言ってる:

« 岸健二編『業界と職種がわかる本 ’17年版』 | トップページ | ドイツ鉄道:大規模スト、労働法改正に抵抗か の背景 »