フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 浅倉・島田・盛『労働法 第5版』 | トップページ | 加茂善仁『第2版 最新判例から学ぶメンタルヘルス問題とその対応策Q&A』 »

2015年4月 9日 (木)

マシナリさんの玄田著書評@『中央公論』

3000_issue_img『中央公論』5月号は、「さまよう宗教心」が特集ですが、いや別にそれが言いたいのではなくて、

http://www.chuokoron.jp/newest_issue/index.html

244頁の「新刊この一冊」で取り上げられているのが、玄田有史さんの『危機と雇用』(岩波書店)だということなのですが、

書苑周遊
新刊この一冊 マシナリ

同書を書評しているのが、本ブログでもおなじみの、あのマシナリさんなのです。

筆者紹介に曰く:

マシナリ 東北地方の地方自治体に勤務する地方公務員。主に雇用問題について現場の視点からブログで発信。東日本大震災後は、被災地支援業務などを担当し、ブログで被災地の現状を報告している。

本書を書評するのに、この人しかいないでしょう、というマシナリさんの書評です。見開き2頁ほどの書評ですが、わざわざ買わなくても(といったら中央公論社に怒られるけど)、本屋さんで立ち読みするには値します。

« 浅倉・島田・盛『労働法 第5版』 | トップページ | 加茂善仁『第2版 最新判例から学ぶメンタルヘルス問題とその対応策Q&A』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マシナリさんの玄田著書評@『中央公論』:

« 浅倉・島田・盛『労働法 第5版』 | トップページ | 加茂善仁『第2版 最新判例から学ぶメンタルヘルス問題とその対応策Q&A』 »