フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 誰でも大学VS誰でもエリートの解@『HRmics』21号 | トップページ | 男のデュアル、女のデュアル »

2015年4月 4日 (土)

「労務賃貸借と奉公の間」@『HRmics』21号

1 さて、『HRmics』21号に載せた「労務賃貸借と奉公の間」ですが、その始めと終わりをこちらにアップしておきます。中身の部分は、ニッチモのサイトでお読みください。

 9回にわたって本誌に連載してきた「雇用問題は先祖返り」も、めでたく今回で最終回を迎えることになりました。いや実を言うと、いい加減ネタが切れてきただけなんですが。今日的政策的話題にはもうめぼしいネタがないもので、今回は苦し紛れに先祖返りも大先祖返り、古代ローマから中世ゲルマン社会にさかのぼるやたら大風呂敷なお話を展開することになります。有終の美を飾ることになるのか、見苦しい最後っ屁をご披露することになるのか、それは最後までお読みいただいた上でご判断いただければ、と。

日本民法の源泉

古代ローマ法における労務賃貸借

中世ゲルマン法における忠勤契約

メンバーシップ型思想の復活

・・・・・・・ 法律自体はローマ法の伝統を引き継ぎ、労務という無形の物を賃貸借する契約として雇用を位置づけながら、現実社会は本家のドイツともかけ離れたほどに「会社」と「社員」が人格的に結合した構造が確立した戦後日本という社会を生み出したものは何なのか?古代ローマや中世ドイツを遍歴することで、そのヒントが得られるかもしれないということで、連載の最終回を締めさせていただきます。長らくのご愛読ありがとうございました。

« 誰でも大学VS誰でもエリートの解@『HRmics』21号 | トップページ | 男のデュアル、女のデュアル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「労務賃貸借と奉公の間」@『HRmics』21号:

« 誰でも大学VS誰でもエリートの解@『HRmics』21号 | トップページ | 男のデュアル、女のデュアル »