フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 今野晴貴『ブラック企業2』 | トップページ | 実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の在り方について審議のまとめ(案) »

2015年3月20日 (金)

サービスしまっせ@文部省

ネタですが、金子良事さんのつぶやきで、

https://twitter.com/ryojikaneko/status/578815188607995904

隣のおばあさまたちの会話が面白い。文部省は昔、カタカナ科目を認めなかったため、図書館サービスを図書館奉仕と訳したらしい。そして、随分、長いこと奉仕だったとのこと。児童奉仕も同じことらしい。なるほどだな。

ここでいう「サービス」を漢字にするというのなら、法律用語なら役務、中国風になら服務、いずれにせよ、ただで何でもしてあげるとかボランティアなんていう含意はないんだから、奉仕という訳語が間違いであることだけは間違いないはずなんですが、当時の文部省の役人にとっては、世間の多くの人々の感覚と全く同じように、サービスってのはただで何でもして上げるという言葉だったんですね。

サービスしまっせ、と。

サービス残業という直訳したら意味不明な言葉が流通する国なればこそです。

« 今野晴貴『ブラック企業2』 | トップページ | 実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の在り方について審議のまとめ(案) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サービスしまっせ@文部省:

« 今野晴貴『ブラック企業2』 | トップページ | 実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の在り方について審議のまとめ(案) »