フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 『ポケット詩集』 | トップページ | 就活は社会映す鏡 日本的「働き方」再考を@日経新聞 »

2015年3月 8日 (日)

ある公職に就くことが決まった方の近著

朝日の澤路さんのつぼやき

https://twitter.com/sawaji1965/status/574407615054147584

ある公職に就くことが決まった方の近著を読み始めたら、最初の方で、「非正規社員では、厚生年金にも雇用保険にも入れない」とあり、それ以上読む気が失せてしまいました。

自分が何を知っているかは知っているけれども、何を知らないかは知らない。

自分が何については語る能力があるかはわかっているけれども、何については語る能力がないかはわかっていない。

そういうたぐいの、言葉の正確な意味での専門バカが、つまり専門以外のことについての無知さ加減に気がついていないゆえに「専門」と「か」の間に「ば」が挟まってしまうたぐいの人が、にもかかわらずマスコミにちやほやされて、自分の無知蒙昧ぶりを天下に知らしめながらも、誰もそのことを本人に忠告してあげることなく、国家の政策形成の枢要なる地位についてもなおその姿が変わらない・・・・・という事態が、たしかに最近よく散見されます。

« 『ポケット詩集』 | トップページ | 就活は社会映す鏡 日本的「働き方」再考を@日経新聞 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある公職に就くことが決まった方の近著:

« 『ポケット詩集』 | トップページ | 就活は社会映す鏡 日本的「働き方」再考を@日経新聞 »