フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« すき家流究極のOJT?@『POSSE』25号 | トップページ | 健康確保策義務付けで合意 労働時間規制の除外で分科会@日経 »

2014年12月24日 (水)

東大法学部、コース再編

東大新聞に「東大法学部、コース再編」という記事が載っています。

Hougakubu

新第2類は、法曹など具体的な進路を想定したコースとなる。法科大学院で法学既修者が必要になる科目を必修科目として維持しつつ、選択必修科目を基礎法学科目全体に拡大してバランスの良い学修を目指す。

なるほど、法律プロフェッションコースというのはつまり、ロースクールの予科ってことですな。

新第1類は、広い視野を持ち自主的に法学を学修できるよう、基礎法学系科目・政治系科目・経済系科目を選択必修科目とする。また、履修科目選択の指標として「国際取引法務プログラム」と「公共法務プログラム」を設け、全て履修した学生には学位記と別に修了証を授与するという。

ふむ、こっちは公共政策大学院に行くっぽい、と。

政治家になるわけでもない(というわけでも実は必ずしもないのだけれど)政治コースは、世俗の動きを横目に、法学部内文学部の孤高の道をひとり歩み続ける、と。

« すき家流究極のOJT?@『POSSE』25号 | トップページ | 健康確保策義務付けで合意 労働時間規制の除外で分科会@日経 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東大法学部、コース再編:

« すき家流究極のOJT?@『POSSE』25号 | トップページ | 健康確保策義務付けで合意 労働時間規制の除外で分科会@日経 »