フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 二宮誠『労働組合のレシピ』 | トップページ | 女性が管理職になりにくい社会 @『生産性新聞』12月5日号 »

2014年12月 3日 (水)

『HRmics』20号

1海老原さんちの『HRmics』20号です。特集は「学校で仕事を教え、資格で能力を表せるか」。

http://www.nitchmo.biz/hrmics_20/_SWF_Window.html

現在、成長戦略に基づいて政府で進められつつある職業能力評価システムのネタ元であるヨーロッパ、とりわけフランスやドイツの実態を、現地の人々の証言や研究者の声をもとに、ビビッドに描き出しています。

1章 日本が憧れる欧州型職業教育

01.公的な職業教育が再び騒がれる理由
02.フランスとドイツの職業教育と資格

2章 欧州の資格社会での暮らし

01.教育・資格・入職
02.勤務状況・昇進
03.学歴や社会について

3章 研究者が語る欧州社会のリアル

01.夢がなければ不満がたまる。だから、大学も資格も必要となった
02.大卒後に見習い従弟が多数!インターンはブラック化問題も
03.社会や企業が、大学生に対して求めているもの

« 二宮誠『労働組合のレシピ』 | トップページ | 女性が管理職になりにくい社会 @『生産性新聞』12月5日号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『HRmics』20号:

« 二宮誠『労働組合のレシピ』 | トップページ | 女性が管理職になりにくい社会 @『生産性新聞』12月5日号 »