フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 『そろそろ「社会運動」の話をしよう』 | トップページ | 勤務間インターバル規制の意義と課題@『東京都社会保険労務士会会報』2014年11月号 »

2014年11月13日 (木)

人手不足の状態を保つことこそ人手不足対策

平家さんの「労働、社会問題」ブログが、「人手不足対策の空騒ぎ」というエントリを書かれています。

http://takamasa.at.webry.info/201411/article_2.html

人手不足の代表とされる外食産業と建設業について、極めて辛辣な表現で安易な人手不足対策論を叩きます。

外食産業の雇用はかなり急速に拡大しているので、絶対的な供給不足というわけではなさそうだ。この産業で不足しているのは、低賃金労働者だ。・・・・・これを人手不足と呼ぶべきだろうか?このような労働条件でも簡単に人が集まるというのは、深刻な仕事不足だったからだ。現状は、仕事不足が解消してきたととらえるのが正確ではないか?景気が回復すれば、このような現象が起こるのが当たり前で、国民の負担で対策などを打つ必要はない。

だからこそ、今まで我が世の春を謳歌していた某外食大手が、大量閉店に追い込まれたりしているわけで、国民の幸福水準の向上という観点からは望ましいことでしょう。ついでに言えば、ようやく長きにわたった仕事不足状態を人手不足状態に変えたのが(政権そのものの政治姿勢には人によって色々議論があるにしても)アベノミクスであることだけは間違いないわけで、その反省なしにアホノミクスとかいってうれしがっているようでは、なかなか先行きは遠いと思いますね。

建設産業での人手不足は性格が違う。こちらはそれなりの賃金が支払われる熟練労働者が不足しているのだ。原因は簡単で、長期にわたる不況のせいで人材養成が行われて来なかったところに、突然需要が増えたということに尽きる。もう少し需要を安定させておけば、これほどの不足にはなっていなかっただろう。それぞれの職場で人材養成は始っている。仕事をすること自体が人材の養成なのだから。訓練校を作ったり、人手を節約するような技術の開発も進んでいる。仕事ができたて人手不足になったから人材養成が進むのだ。需要を安定させ、人手不足の状態を保つことこそ人手不足対策なのだ。打ち上げ花火のような緊急対策、即効性のある施策はとる必要がない。

こちらはある意味、過去10年以上にわたる公共事業縮小政策に労働力が(血を流しながら)適応してきたその帰結が今日ただいまの人手不足という面もありますね。

いずれにせよ、「人手不足の状態を保つことこそ人手不足対策」というのは至言です。

« 『そろそろ「社会運動」の話をしよう』 | トップページ | 勤務間インターバル規制の意義と課題@『東京都社会保険労務士会会報』2014年11月号 »

コメント

>ついでに言えば、ようやく長きにわたった仕事不足状態を人手不足状態に変えたのが(政権そのものの政治姿勢には人によって色々議論があるにしても)アベノミクスであることだけは間違いないわけで

注釈的に言わせていただけば、“アベノミクス”は金融政策に言い尽くされるものではなく「財政政策」なんかも含んでいることは、例えば東谷暁「無節操すぎるぞ、日本経済新聞」(文芸春秋10月号)とかを読むとわかる。
金融緩和が政権担当者以外によっても、よー宣伝されてるからと言って、そのへん勘違いしないよう気を付けたーい、ね。

(なお「日経ぐらい読まなきゃね」なんぞほざく輩があなたの周りにもし居たら、上記記事をとくと読むことをお勧めしましょう。)

もちろん、わたしは金融偏愛財政嫌悪な方々とは違い、第2の矢(財政政策)も含めてアベノミクスと呼んでいます。
建設業の人手不足はこっちが主たる原因でしょうね。
そもそも本人が『3本の矢』と呼んでいるのに、自分の好き嫌いで第1の矢だけをアベノミクスと呼ぶ人の方がヘンでしょう。ネット上の宣伝だけが世の中ではありませんし。

>自分の好き嫌いで第1の矢だけをアベノミクスと呼ぶ人の方がヘンでしょう。ネット上の宣伝だけが世の中ではありませんし。


田中秀臣先生の意見と同じですね。
https://twitter.com/hidetomitanaka/status/410025611831169024

https://twitter.com/hidetomitanaka/status/410027856941416448

>まずアベノミクス=リフレ派と考える時点で間違いです。再分配政策や成長戦略についての我々の見解をどれだけご存知なのか?

>我々の本をよんでない証拠だ。

意見が同じと解釈できても、この「俺様」意識(ちゃんと努力してわれの真の姿を理解し、われの正当性を認めよ!)は、ちときついなぁ。
繰り返しの説明を厭わないhamachan先生と較べると、なおさらに。
(それとも語弊に過ぎないのかなぁ)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人手不足の状態を保つことこそ人手不足対策:

« 『そろそろ「社会運動」の話をしよう』 | トップページ | 勤務間インターバル規制の意義と課題@『東京都社会保険労務士会会報』2014年11月号 »