« ステークホルダー民主主義とクローニー資本主義 | トップページ | 看護師と保育士の賃金格差 »

EU集団的労使関係システムの課題

昨日、立正大学で開かれた日本EU学会第35回研究大会の共通論題報告「EU集団的労使関係システムの課題」のレジュメ兼配付資料です。先月岡山大学で開かれた社会政策学会で報告したものとほとんど同じです。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/eugakkai.html

かなり大部なので、見出しだけこちらに並べておきます。

Ⅰ 労使立法システムの形成と展開

Ⅱ 労使立法システムの諸問題

Ⅲ フレクシキュリティの逆説-EU統合が掘り崩す北欧型フレクシキュリティの基盤

Ⅳ フレクシキュリティの逆説-ドイツ型フレクシキュリティが掘り崩す南欧の労使関係

Ⅴ 多国籍企業協約の立法化に向けて

|

« ステークホルダー民主主義とクローニー資本主義 | トップページ | 看護師と保育士の賃金格差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EU集団的労使関係システムの課題:

« ステークホルダー民主主義とクローニー資本主義 | トップページ | 看護師と保育士の賃金格差 »