« いきなり元ネタを披露しちゃって大丈夫なのかしらん | トップページ | 労働者の職務に応じた待遇の確保等のための施策の推進に関する法律案 »

第9回医療の質・安全学会学術集会

11月22日(土)に、幕張メッセで開かれる「第9回医療の質・安全学会学術集会」の中のシンポジウム「日本の医療者の超過勤務を考える」で、「日本の労働法と超過勤務」という講演をいたします。

http://www2.convention.co.jp/jsqsh9/program/pdf/program_day1.pdf

13:10~15:10 シンポジウム2 座長:井部 俊子(聖路加国際大学)
日本の医療者の超過勤務を考える

1 日本の労働法と超過勤務
○濱口 桂一郎(労働政策研究・研修機構)

2 医師が健康に働ける職場を
○保坂 隆(聖路加国際病院精神腫瘍科)

3 薬剤師がSMILEで働ける職場を!!
○古川 裕之(山口大学大学院医学系研究科)

4 看護職の超過勤務を考える -看護師たちの「気遣い」と残業-
○奥 裕美、井部 俊子(聖路加国際大学)

5 疲労と医療安全―WHO患者安全カリキュラムガイド多職種版2011に学ぶ
○相馬 孝博(公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院)

ちなみにこの学術集会全体は22日から24日まで3日連続で開かれるようです。

http://www2.convention.co.jp/jsqsh9/

|

« いきなり元ネタを披露しちゃって大丈夫なのかしらん | トップページ | 労働者の職務に応じた待遇の確保等のための施策の推進に関する法律案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第9回医療の質・安全学会学術集会:

« いきなり元ネタを披露しちゃって大丈夫なのかしらん | トップページ | 労働者の職務に応じた待遇の確保等のための施策の推進に関する法律案 »