フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 島田英昭さんの拙著書評 | トップページ | 実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する有識者会議 »

2014年10月22日 (水)

考察はすごいが論文の本化だから・・・

26184472_1 『日本の雇用と中高年』にまたアマゾンのレビューがつきました。

「読書マン "読書"」さんの「考察はすごいが論文の本化だから・・・」という評です。

http://www.amazon.co.jp/review/R29DV0EUD9MFJR/ref=cm_cr_pr_perm?ie=UTF8&ASIN=4480067736

濱口先生のこれまでの著作は、ほんとうに考察が深いし、官僚出身ゆえ法律を間近で見られてきたからこそのものがある。

ただ、前著『若者と労働』もそうだが、文体や表現方法は論文の本化と言ったほうがよく、雇用・中高年というキーワードに関連する前提知識・感覚に乏しいと理解は難しいと思う。それを込めて★4つにした。

けれども、雇用を体系的に理解し、働くことが難易度を増している現状を理解するにはうってつけの一冊だと思う。

とのことです。

書いた立場から一言付け加えておくと、やはり一冊の新書として出すだけに、論文の本化ではないような工夫を凝らしたつもりではあるんですが、想定読者層がある程度労働問題に関心を持っていろいろ読んでいる人になってしまっているのは否定できないのでしょうね。

« 島田英昭さんの拙著書評 | トップページ | 実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する有識者会議 »

日本の雇用と中高年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考察はすごいが論文の本化だから・・・:

« 島田英昭さんの拙著書評 | トップページ | 実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する有識者会議 »