フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 金銭解決したくても復職を求めるパラドックス@『労基旬報』10/25 | トップページ | 損をしない人材流動化へ@日経新聞「ニッポン動く」 »

2014年10月26日 (日)

L型大学のモデル

本ブログが先週木曜日に取り上げた実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する有識者会議の冨山和彦さんの資料が、ネット上で大騒ぎを引き起こしているようで、すでにそのエントリへのツイート数が1000件を超えていますが、

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-e593.html

冨山さんのプレゼンの変なところが増幅されて伝わっていることもあってか、批判的な意見が多数を占めて、池田信夫氏のような逆張り論者が褒めちぎるというあまりよろしくない状況に陥っているようです。

冨山さん自身、職業教育論におけるこの問題の経緯をあまりわからないまま、自分の経験と世間的常識論で論じているところがかなりあるようなので、そこをきちんと指摘していくことは必要なのですが、反応の大部分がその大学教育を受ける人々の立場に立ったものではほとんどなく、もっぱら(学生のその後の人生を豊かなものにするには効果を持たないけれども)その大学という名の職場で教授という名の安定した雇用機会を提供するという効果だけは間違いなくあることにしがみついたような議論であることは、正直この国のアカデミックな人々の姿を映し出している感もなきにしもあらずというところです。

なんにせよ、

Toyama

というような本来の議論からすれば枝葉末節のところのわけわかめな認識ばかりが増幅されていくと、話があらぬ方向にばかり転がってきかねませんので、本来ならば教育学や教育社会学の方々がきちんとその専門的知見を展開すべきところではありますが、その横の労働関係から見ているだけの私が、この騒ぎのもとを広げた責任をとって、冨山さんのいう「L型大学」の考えの元になっている欧州諸国の職業専門大学について、人の書いたものを引用する形で、せめてもの解説をしておきたいと思います。

これは、拙著『若者と労働』でも、

Chuko ドイツのデュアル・システムというのは、中世のギルド制度に起源を有するとも言われる仕組みですが、一言でいえば学校教育の枠組みの中で、学校における座学と企業現場における実習とを組み合わせる仕組みです。主としては後期中等教育つまり高等学校レベルですが、最近は高等教育つまり大学レベルでも結構盛んに行われるようになっているようです。

・・・なお、これまでデュアル・システムは主として高校レベルで行われてきましたが、近年の大学進学率の上昇に対応して、同じようにデュアル・システムで勉強しながら職業技能を身につける専門大学という教育機関が急速に拡大してきています。大学など高等教育機関の半分以上は、こういう専門大学なのです。

とちらりと触れていますが、教育学関係ではいくつも詳しい紹介がされています。

ここでは寺澤幸恭さんの「ドイツにおける「実務型」高等教育に関する考察」という5回にわたる論文の最初のところから、ドイツの専門大学についての図表をいくつか引いておきます。

http://ci.nii.ac.jp/els/110000963675.pdf?id=ART0001131836&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1414298427&cp=

Ter1

Ter2

Ter3

Ter4

より詳しい説明はリンク先論文、さらにその後続論文等を参照いただければと思いますが、なんにせよ、「法学部では大型二種免許」というたぐいの変な話ばかりが増幅して、ものごとの本筋が見えなくなってしまうことが心配されますので、老婆心ながら横から一応の解説をしました。

これで済む話でもないので、教育学や教育社会学の人々はちゃんとつとめを果たしてくださいね。

« 金銭解決したくても復職を求めるパラドックス@『労基旬報』10/25 | トップページ | 損をしない人材流動化へ@日経新聞「ニッポン動く」 »

コメント

こんにちは!いつもブログを楽しく読ませていただいて
おります。

今回の有識者会議における冨山氏の提出資料について、

5月のOECD閣僚理事会での安倍首相の基調演説における
発言を具体化したようにも感じられましたので、単なる
一委員の提案、以上のものを感じました。

基調講演のリンクです。
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/0506kichokoen.html

ちなみに冨山氏が提議した高等教育の今後の方向性
については、2年前に出版されたこちらの本に「大学
を職業訓練校へ」という形で述べられています。
http://www.php.co.jp/30s/

今回の「実践的な職業教育」について、以前まで専門学校の高度化という形の話で大学は関係なかったので、L型大学のあり方を含めた形の議論が始まるのでしょうか。

寺澤幸恭さんの資料を読めば、そもそも短大と比較されているように、ドイツで学生数が増えて困っているところで専門大学ができてきたもので、かつて日本で短大や専門学校が増えた経緯と比較することがあっても、学生減による「リストラ」の話に持ってくるようなものではないと思うのですよね。

そういった意味で専門大学の流れは、かつて医療技術短大としてあったものを、医療の高度化に看護を対応させるために医学部保健学科として大学化した流れが、本質として近いところにあると思います。医療の発展のためには現場で得た経験を経験にとどめず普遍的な知識としていかなければならないので、医療技術者とて論文の読み書きぐらいできて研究者と伍していけるようにしなければという話も、hamachan先生にかかれば教授ポストの「既得権益」程度の話になってしまうんだなあと思った次第です。

人材供給サイドである教育側の問題は分かりませんが、採用サイドから考えますと、そんな人材ニーズがあれば、それこそ冨山和彦氏に大賛成しているであろう新自由主義者の人々が信奉する「市場」が機能し、必ず既に誰かが供給してそれなりに人気になっているはずです。
ちなみに毎年のG系人材の需要を大甘に計算しますと、大企業500社で1社平均50人で2万5千人、その他企業・団体および公務員でその3倍と見積もり、合計で10万人。
平成26年3月大学卒業予定者数56万人の1/5ですから、L系人材の40万人をなんとかしなくてはいけません。
おまけに、これに競合する専修学校卒業予定20万人が加わり、競争は激化する一方です。
だいたい、冨山和彦氏やその意見に賛同している人々は本当にL系大学なんて必要と思ってるんでしょうか?東大などの一流校以外の大学なんて不要だ、偏差値70以下の人間は高校までで十分、というのが本音ではないですか?

小生、まさにL型文系駅弁大学の40代教員であります(笑)。自称、一番脂ののった現場人であります。
現場には、そりゃあ、いっぱい問題があります。いや、問題だらけです。「最近の若いモンは...」とは言いたくありませんが、ここ15年で、明らかに学生の質が変わっています。正確には、価値観が変わってきたというべきでしょう。そして、その価値観の変化は自発的行動に寄るものではなく、他者(高校生という狭い世界で接触する限定的な人間:大人との付き合いのほとんどは親)の影響を強く受けていると分析します。
学生の話を聞くと、高校の先生が既に「教員」ではなく「友達」という位置づけとなっている場合が多いようです。

昨今のことですので、機会を見つけては企業の方々と話をし、企業が大学に求めている機能を伺っています。また、親と教員の懇談も定期的に実施しています(地方駅弁大学ですら)。
体験型学習やPBLも導入を進めています。授業風景を見てもらえばわかるはずです。我々が学生だった四半世紀前とはまるっきり変わっています。

でもね、それもこれも全て、“将来、自身が望む形で社会で活躍できる”人間へと(卒業後に)昇華可能な「自己鍛錬能力」を学生に身に付けさせてやりたい、という「親心」からです。
今の時代、技能を覚えたってそれが有効なのは良くて10年でしょう。多分、5年ももたない。会計ソフトの使い方を覚えたって、社会的価値を創造して企業収益に貢献するとは思えない。ちなみに、うちの学部でも某会計ソフトを授業内で活用されている教員がいらっしゃる。でも、会計ソフトの使い方を学ぶのは手段であって目的ではない。
会計ソフトが実現しようとしている世界(会計学の世界)における論理を学んでおけば、新しいソフトの使い方を自分で訓練できる。そっちのほうがトータルコストは下がるはず。
それが社会的価値を生むことじゃないのかなぁ...冨山氏はスタンフォードでMBAを取ったとき、いったい何を学んだんだろう...
手段と目的を取り違えるな、ってのが、私の学生への口癖なんだが...

参考URL
http://toyokeizai.net/articles/-/12128

知人がちょうど当該の会議(第1回、第2回)を傍聴していたので聞いてみたところ、冨山氏のこの資料については資料配付のみで、これに基づいた説明や発言はなく、従って委員の間でこれに基づいた議論もされてはいない(第1回は事務局からの趣旨説明、第2回は短大、専門学校など関係者からの発表が中心)そうです。
まぁ、この有識者会議の中の冨山レポートの位置づけはその程度のものだということですが、逆にその程度の配付資料でも文科省ホームページで公表されてこのように拡散されるわけで、そのことを利用して意図的にアドバルーンを上げた可能性もありますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: L型大学のモデル:

« 金銭解決したくても復職を求めるパラドックス@『労基旬報』10/25 | トップページ | 損をしない人材流動化へ@日経新聞「ニッポン動く」 »