« これと対照的に、資本主義的なのは・・・ | トップページ | 『月刊連合』9月号は「家事労働と女性の活躍」 »

日本の雇用制度の迷走は、我が事のように読むことができました

26184472_1拙著『日本の雇用と中高年』への読書メーターでの書評がまた一つ。

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/40803973

ほぼ中高年の私には、給与体系や就業時間の制限などを含めた日本の雇用制度の迷走は、我が事のように読むことができました。 20年近いサラリーマン人生の中で、唐突な成果主義や裁量労働制の導入に晒されて来ましたが、そこにどのような背景があったのかが、何となくですが理解できました。 戦後の日本社会が脱却を目指してきた所謂“日本型雇用システム”と言われる終身雇用&年功序列が、二度の石油危機やバブル崩壊などの度に、逆に強化されてきてしまった過程が良くわかる本でした。

20年近いサラリーマン人生というと、40代半ば。まさに90年代半ばの入社時から「唐突な成果主義や裁量労働制の導入に晒されて来」た世代ですね。

|
|

« これと対照的に、資本主義的なのは・・・ | トップページ | 『月刊連合』9月号は「家事労働と女性の活躍」 »

日本の雇用と中高年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/57251129

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の雇用制度の迷走は、我が事のように読むことができました:

« これと対照的に、資本主義的なのは・・・ | トップページ | 『月刊連合』9月号は「家事労働と女性の活躍」 »