« アクト・オブ・キリング | トップページ | 拙著の貸出状況 »

2014年9月14日 (日)

就活生におすすめ!就職活動の内定が近づく、すごい本50選

112483 「賢者の就活」というサイトの「就活生におすすめ!就職活動の内定が近づく、すごい本50選」に、拙著『日本の雇用と労働法』(日経文庫)も取り上げられています。

http://kenjasyukatsu.com/syukatsubook#4

読書とは、私達よりもはるかに優れた専門家の、何年もの知恵の産物を、たった数時間で手に入れることができる、魔法です。本から知恵を取り入れれば、たとえどうすればいいかわからない時代でも、自分で正解をつかみとっていけるようになるでしょう。

ただ、本を読めばいいというわけではありません。役に立つ良書を読みましょう。そこで、学生が就活を乗り越え、社会で戦うために必ず役に立つ本を50冊まとめてご紹介します。

ということで、以下の6ジャンルに分けて紹介されていますが、

→就活の地力をつける

→就活対策をする

→キャリアを考える

→社会を知る

→社会人として生きるために

→本当に役立つ!ベスト教養書

この「社会を知る」の中に、『日本の雇用と労働法』についてこう紹介されています。

日本で働くつもりならば、日本の雇用慣行について知っておく必要があります。この本は、欧米と日本の雇用は何が違うのか?非常にわかりやすく解説してくれます。

この本によると、日本の会社は従業員に、「能力があること(ジョブ)」を求めるのではなく「家族の一員になれること(メンバーシップ」を求めるといいます。日本で働くためには、能力をアピールするだけでなく、「家族の一員になれる」こともアピールしなければならないのですね。

日本の『異様な』雇用慣行のあり方がわかる良書です。

|
|

« アクト・オブ・キリング | トップページ | 拙著の貸出状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/57367558

この記事へのトラックバック一覧です: 就活生におすすめ!就職活動の内定が近づく、すごい本50選:

« アクト・オブ・キリング | トップページ | 拙著の貸出状況 »