フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« WEB労政時報で4人の競演 on 労働時間規制改革 | トップページ | 『日本の雇用と中高年』へのネット上書評あれこれ »

2014年8月 9日 (土)

女性登用推進で菊池桃子大臣誕生も!?@産経

Plc14080912000001p1_2 どこまで真面目なニュースと受け止めて良いのかよくわからないところもありますが、彼女が現在はれっきとした労働関係の研究者であり、キャリア権推進ネットワーク理事であることを考えると、本ブログで取り上げるのも、「何をとち狂って(元)アイドルなんて取り上げてるの?」というはなしでもなかろうと思われます。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140809/plc14080912000001-n1.htm

「女性の活躍推進」を掲げる安倍晋三首相が9月上旬に行う内閣改造を巡り、焦点の女性閣僚候補選びを本格化させている。そんな中、短大客員教授も務めるタレントの菊池桃子氏(46)が先月から、森雅子女性活力・子育て支援相との意見交換を活発化し注目を集めている。菊池氏は知名度に加え、子育てとタレント業を両立。女性の社会進出を体現しているだけに森氏の後任候補として急浮上しているのだ。往年のアイドルが大臣として活躍の場を広げる日は来るのか。

・・・菊池氏はNPO法人「キャリア権推進ネットワーク」理事に昨年春、就任。自分の働き方を主体的に選べる「キャリア権」の普及を目指し活動する一方で、母校の戸板女子短大客員教授として労働分野の講義も続けている。女性の労働問題への強い思いは、脳梗塞を患い左手足にまひが残る長女の子育てから培われた。平成24年には法政大大学院で雇用問題を専攻し、修士号を取得。学問や政策に対する関心は年々強まるばかりだ。

・・・果たして、首相や森氏サイドは閣僚就任の要請を菊池氏に行っているのか。今月上旬、菊池氏に直撃すると「そのような打診はありません」ときっぱり否定した。また、自身のブログでは政治家志望でないことも明らかにしている。どうやら本人は今のところ、及び腰のようだが、入閣すれば内閣支持率アップが見込める菊池氏だけに首相の対応が注目される。

この最後の記述からすると、女性閣僚に戦々恐々としている政治家諸氏の目線から書かれた政治部的記事のおもしろネタ以上ではなさそうですが、それにしても元アイドルとはいえ労働問題の専門家が閣僚候補として取りざたされるというニュースは興味深いものがありますね。

(続報)

スポニチが、菊池桃子さん自身の否定の言葉を報じています。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/08/09/kiji/K20140809008716650.html

タレントの菊池桃子(46)が9日、自身の公式ブログを更新。安倍晋三首相が9月上旬に行う内閣改造で、菊池の入閣内定が一部で報じられたことを受けて「無い、無い、ありえないです」と否定した。

安倍首相が「女性の活躍推進」を掲げる中、短大客員教授を務めつつ子育てとタレント業を両立させている菊池が、森雅子女性活力・子育て支援相の後任候補として報じられた。「一部報道に驚きました 私が大臣候補?」と寝耳に水だったようで、「本当に打診も無いんですから」とありえない話であることを強調した。

「私が大臣候補とか、入閣するとか、そんな噂を聞いたら“本人が否定している”と、教えてあげてくださいね 」とファンに呼びかけた菊池は、「あ~、ビックリ」と最後まで驚きを隠せない様子だった。

(追記)

https://twitter.com/ryojikaneko/status/498691815365558273

菊池桃子はもっと勉強して数年後にやって欲しい(勉強が足りないという意味ではなく、勉強を始めてからまだ時期が短いので、期待を込めて)

数年後には、こうこういう話は消えてると思いますが・・・。

« WEB労政時報で4人の競演 on 労働時間規制改革 | トップページ | 『日本の雇用と中高年』へのネット上書評あれこれ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性登用推進で菊池桃子大臣誕生も!?@産経:

« WEB労政時報で4人の競演 on 労働時間規制改革 | トップページ | 『日本の雇用と中高年』へのネット上書評あれこれ »