« 原ひろみ『職業能力開発の経済分析』 | トップページ | 確かに・・・・ »

金子良事さんの書評+

26184472_1金子良事さんが、拙著『日本の雇用と中高年』について感想を書かれています。

http://ryojikaneko.blog78.fc2.com/blog-entry-317.html(ジョブ型社会を実現するために)

・・・早速、帰ってこの本を読んでみましたが、私が理解していたレベルの濱口先生の立論よりも、はるかに根が深いレベルの議論になっています。よい悪いということは別にして。

よい悪いということは別にして・・・

しかし、最近の濱口先生の本は、というか、前からそうでしたけど、読み切りにくいですねえ。現実の政策過程、とりわけ過去、現在、未来を通貫する方向性、学術的な成果などを取り込む濱口先生の立ち位置というのはすごいなあと素直に思います。

「読み切りにくい」というのは褒められているのやら貶されているのやらそれこそ読み切りにくいところがありますが、まあそれはそれとして・・・。

金子さんにはお見通しの通り、この本は(も)かなり政策戦略的に書かれています。裏側からいえば、アカデミックな関心を第一義に書かれた本ではありません。

そういう立場からすると、実を言うと「肝は職務分析なんですよ。それを誰がやるんですか」というのはそれほど最重要の問題ではないのです。雇用を安定させようとしたつもりが実はぐらついている中高年の職業を安定させるもっともらしい受け皿をどう作るかという話なので。みんながある程度なるほどと思うようなものであればいい。

実のところ、ヨーロッパだって細かな職務分析なんかやっているわけじゃなく、「肝は納得」であり、誰がそれをやるかといえば、それこそ労働組合でしょう、ということになるわけですが、そこが日本の弱いところになるわけですが。

前に金子さんと話した唯名論と実在論みたいな話になりますが、そもそも「ジョブ」自体共同主観的存在なので、客観的分析を極めれば極めるほど正確な代物になるというわけでもないわけですし。

まあ、人が働くという事柄をめぐる事物というのは、技能だの熟練だの(「知的熟練」も含めて)、全部そういう意味では、みんながそう思うからそのように存在している、ことになっているという存在であるわけです。

 

|
|

« 原ひろみ『職業能力開発の経済分析』 | トップページ | 確かに・・・・ »

日本の雇用と中高年」カテゴリの記事

コメント

「肝は納得」であって「ジョブ」自体共同主観的存在って、うまいこと言うものですね。まあそれを言えば金子さんの言っている「連帯」意識とか「職業」という感覚に対する信頼ってのも「肝は納得」につながる話でしょう。まあ廣松さんじゃあないですが、共同主観というからには、個の主観に通底するなんらかの観念があるんでしょうが、それはそもそもそれぞれの社会が持っていた文化的基盤とも多分からんでいるのでしょうね。ただそうした社会そのものが「悪魔のひき臼」に磨り潰されちゃって、いまのようなことになっている側面があるような気もしますよね。

投稿: hayachan | 2014年5月10日 (土) 08時55分

「肝は納得」で「ジョブ」自体共同主観的存在とはうまいこと言うものですね。でも廣松さんじゃありませんが、共同主観というのは個々の主観に通底する、それぞれの社会に固有の価値観のようなものが基盤にあるのではないでしょうか。金子さんの言う「職業」という感覚に対する信頼というのもこの範疇じゃないかとも思うのですが。問題はそれがもともと希薄であったり、希薄化しつつある社会、要は共同主観の基盤になる社会そのものが「悪魔のひき臼」で磨り潰されかけている社会では雇用の劣化が止まらなくなる危険性があることでしょう。

投稿: hayachan | 2014年5月10日 (土) 09時36分

同じコメント二回書かれたようなんですが、微妙に文章が異なるので、一応両方公開しておきます。

投稿: hamachan | 2014年5月10日 (土) 10時51分

ごめんなさい。この手の操作に不慣れなもので、最初のコメントがうまく送信されなかったと思い込みました。今後気をつけます。

投稿: hayachan | 2014年5月10日 (土) 12時01分

そんなことより、早川さんはhayachanとして売り出すのですか(笑)。

投稿: 金子良事 | 2014年5月12日 (月) 11時54分

Hayachanこと早川さんのコメントに一応マジレス。

ここでは「うまいこと言うものですね」といわれていますし、金子さんのブログでは

http://ryojikaneko.blog78.fc2.com/blog-entry-317.html#comment87

「うまく躱したなあという気もしますね」と言われていますが、私としてはうまいこと言ったつもりもうまく躱したつもりもなくて、前々からそういうことを言っているつもりです。

とりわけ広田照幸さんの研究会では、金子さんの面前で、こう述べています。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/hirotakaken.html

 私は実は、どういうジョブについてどういうスキルを持ってやるかで仕事に人々を割り当て、世の中を成り立たせていくジョブ型社会の在り方と、そういうものなしに特定の組織に割り当て、その組織の一員であることを前提にいろいろな仕事をしていくメンバーシップ型社会の在り方の、どちらかが先験的に正しいとか、間違っているとは考えていません。  ある意味ではどちらもフィクションです。しかし、人間は、フィクションがないと生きていけません。膨大な人間が集団を成して生きていくためには、しかも、お互いにテレパシーで心の中がすべてわかる関係でない限りは、一定のよりどころがないと膨大な集団の中で人と仕事をうまく割り当てることはできません。  そのよりどころとなるものとして何があるかというと、ある人間が、こういうジョブについてこういうスキルがあるということを前提に、その人間を処遇していくというのは、お互いに納得性があるという意味で、非常にいいよりどころです。  もちろん、よりどころであるが故に、現実との間には常にずれが発生します。一番典型的なのは、スキルを公的なクオリフィケーションというかたちで固定化すればするほど、現実にその人が職場で働いて何かができる能力との間には必ずずれが発生します。  ヨーロッパでいろいろと悩んでいるのは、むしろその点です。そこから見ると、日本のように妙な硬直的なよりどころがなく、メンバーとしてお互いによく理解しあっている同じ職場の人たちが、そこで働いている生の人間の働きぶりそのものを多方向から見て、その中でおのずから、「この人はこういうことができる」というかたちで処遇していくというやり方は、ある意味では実にすばらしいということもできます。  ただし、これは一つの集団組織に属しているというよりどころがあるからできるのであって、それがないよその人間との間にそうことができるかというと、できるはずがありません。いきなり見も知らぬ人間がふらりとやってきて、「私はできるから使ってくれ」と言っても、誰も信用できるはずがありません。そんなのを信用した日には、必ず人にだまされて、ひどい目に遭うに決まっています。だからこそ、何らかのよりどころが必要なのです。  よりどころとして、公的なクオリフィケーションと組織へのメンバーシップのどちらが先験的に正しいというようなことはありません。そして、今までの日本では、一つの組織にメンバーとして所属することにより、お互いにだましだまされることがない安心感のもとで、公的なクオリフィケーションでは行き届かない、もっと生の、現実に即したかたちでの人間の能力を把握し、それに基づく人間の処遇ができていたという面があります。  おそらくここ十数年来の日本で起こった現象は、そういう公的にジョブとスキルできっちりものごとを作るよりもより最適な状況を作り得るメンバーシップ型の仕組みの範囲が縮小し、そこからこぼれ落ちる人々が増加してきているということだろうと思います。  ですから、メンバーとして中にいる人にとっては依然としていい仕組みですが、そこからこぼれ落ちた人にとっては、公的なクオリフィケーションでも評価してもらえず、仲間としてじっくり評価してもらうこともできず、と踏んだり蹴ったりになってしまいます。「自分は、メンバーとして中に入れてもらって、ちゃんと見てくれたら、どんなにすばらしい人間かわかるはずだ」と思って、門前で一生懸命わーわーわめいていても、誰も認めてくれません。そういうことが起こったのだと思います。   根本的には、人間はお互いにすべて理解し合うことなどできない生き物です。お互いに理解し合えない人間が理解し合ったふりをして、巨大な組織を作って生きていくためにはどうしたらいいかというところからしかものごとは始まりません。   ジョブ型システムというのは、かゆいところに手が届かないような、よろい・かぶとに身を固めたような、まことに硬直的な仕組みですが、そうしたもので身を固めなければ生きていくのが大変な人のためには、そうした仕組みを確立したほうがいいという話を申し上げました。


上で述べたことは、そのときの延長線上であって、別段目新しいことを言ったつもりはないのです。

投稿: hamachan | 2014年5月15日 (木) 00時08分

ご丁寧な説明ありがとうございます。これを読ましていただくと、100%納得か否かはともあれ、仰りたい趣旨は理解できます。ただ、いきなり「ジョブ」自体共同主観的存在とか言われて「うんっ?」となってしまった次第です。またレスで仰りたいことは分かるのですが、それでも共同主観的存在への「うんっ?」は完全には解消されないのです。日本ではかつて近代化を目指した時代に、経済界も政府も挙げて職務についての共同主観の形成を目指したが果たさず、その共同性は個別企業のメンバーシップの内側に止まってしまったということでしょうか。そのメンバーシップの枠組みが狭まって、落ちこぼれる人の数が増えたから欧州のような硬直的よりどころとしての「ジョブ」型システムが必要だと。それがないと生きてゆくのが大変な人が増えているから。う~ん、どうもストンと落ちません。「人間はお互いにすべて理解し合うことなどできない生き物です」という前提と共同主観的存在ってものがどうつながるのか。それは理解し合ったふりというのが共同主観かも知れませんが、納得して、ふりをするというのはかなり高踏的な気もします。
ともあれ、わたしはこの話より、後段に出てくる「抵抗」の話の方が関心がありますね。赤木さんの話は「経営民主」でディスカッションしたときにも出たと記憶していますが、長くなるのでまた別の機会にいたします。

投稿: Hayachan | 2014年5月15日 (木) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/56132426

この記事へのトラックバック一覧です: 金子良事さんの書評+:

« 原ひろみ『職業能力開発の経済分析』 | トップページ | 確かに・・・・ »