フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 産業競争録会議長谷川資料で注意すべき点 | トップページ | ホワイトカラー・ノンエグゼンプションの原点@『全国労保連』5月号 »

2014年5月29日 (木)

筒井美紀・櫻井純理・本田由紀編著『就労支援を問い直す』

177182筒井美紀・櫻井純理・本田由紀編著『就労支援を問い直す 自治体と地域の取り組み』(勁草書房)をおおくりいただきました。ありがとうございます。

http://www.keisoshobo.co.jp/book/b177182.html

就労支援に寄せられる期待と疑念とが錯綜している。本書は、横浜市と豊中市の創意工夫と試行錯誤について詳述するとともに、その背後にある理念や矛盾・限界を浮き彫りにする。そして、「こんな働き方や支え方が広がれば、地域は喜びと活気に溢れるだろう」という、目指すべき新たな社会ビジョンを提示する。

去る25日に大阪大学豊中キャンパスで開かれた日本労働法学会のミニシンポでは、高齢者の分科会に来るだろうという期待を裏切り、就労価値論という方に出てましたが、そこで神吉知郁子さんが報告されていた話とつながるテーマがこの本では取り上げられています。

ただ、政治学や社会政策論でのマクロな議論ではなく、ミクロな地域に根ざした活動を追いかけて見えてくるものを探ろうという地味だけど味わいの深い本です。

まえがき[本田由紀]
凡例

序章 「就労支援の意味」を問うことの意味[筒井美紀・長松奈美江・櫻井純理]
 1 本書が言いたいこと・問いかけたいこと
 2 就労困難者の就労支援のあり方をめぐる議論
 3 調査対象の設定と本書の構成

第Ⅰ部 国の政策と2市の概要

第1章 国の福祉政策・労働政策の変遷[福田志織・喜始照宣・長松奈美江]
 1 福祉・労働政策における2つの潮流
 2 公共職業訓練制度
 3 生活保護受給者への就労支援政策
 4 母子世帯の母に対する支援政策
 5 若者に対する支援政策
 6 対象者を限定しない支援へ

第2章 横浜市と豊中市の概要[御旅屋達・寺地幹人]
 1 横浜市の概要
 2 豊中市の概要

第Ⅱ部 横浜市

第3章 横浜市の就労支援政策[御旅屋達・喜始照宣・堀有喜衣・筒井美紀]
 1 横浜市の就労支援の概要
 2 就労困難層への職業訓練――横浜市中央職業訓練校
 3 生活保護受給者の就労支援
 4 「就労支援は基礎自治体の仕事である」

第4章 就労支援の委託にともなう課題――人材企業を事例として[筒井美紀]
 1 人材ビジネスに着眼する理由
 2 事業はどのように受託され運営されているか
 3 現場支援者の供給源と採用後の訓練
 4 事業受託側の困難と課題―自治体との関係で
 5 就労支援諸機関の育成と現場支援者の雇用安定を

第5章 協同労働団体の連携による就労困難な若者の支援――「くらしのサポートプロジェクト」の挑戦[本田由紀]
 1 協同労働による就労支援を問うことの意味
 2 「くらしのサポートプロジェクト」の枠組み
 3 「くらしのサポートプロジェクト」の受講生像
 4 「くらしのサポートプロジェクト」の成果①―受講生の変化
 5 「くらしのサポートプロジェクト」の成果②―実施団体の変化
 6 「くらしのサポートプロジェクト」からの示唆

第Ⅲ部 豊中市

第6章 豊中市における就労支援政策の概要[櫻井純理]
 1 事業を担当するスタッフと予算
 2 雇用・労働関連事業の対象と内容
 3 ハブとして機能する雇用労働課

第7章 就労支援の「出口」をめぐる模索――中小企業支援の視点[櫻井純理]
 1 無料職業紹介所とTPSによる出口開拓
 2 地域の中小企業への働きかけ
 3 事業者側の受け止め方
 4 豊中市の就労支援政策の魅力,そして残された課題

第8章 連携によってつながる支援の輪――豊中市における生活保護受給者への就労支援[長松奈美江]
 1 生活保護受給者への就労支援をめぐる問題
 2 豊中市における生活保護受給者への就労支援
 3 福祉事務所と地域就労支援センターによる連携の成果
 4 生活保護受給者への効果的な就労支援へ向けて

第9章 リビング・ウェイジを生みだす飲食店――地域が育む自営業による女性の就労[仲修平]
 1 就労支援と雇用創出を問う意味
 2 豊中市における女性の就労支援事業
 3 当事者たちにとっての飲食店
 4 就労支援政策の理念と地域の自営業

第10章 ポスト日本型福祉社会における就労支援――豊中市地域雇用創造協議会の取り組みを事例として[阿部真大]
 1 新しい就労支援の誕生
 2 ポスト日本型福祉社会における変化
 3 労働供給側へのテコ入れ―地域雇用創造推進事業
 4 労働需要側へのテコ入れ―地域雇用創造実現事業
 5 新しい就労支援の課題

終章 誰もが働ける社会/生きていける社会を築く[櫻井純理]
 1 あらためて就労困難者とは誰なのか?
 2 なぜ「就労」が必要か
 3 「普通の」働き方を変えること

引用・参考文献
あとがき[筒井美紀]
索引
執筆者紹介

豊中といえば、昨年11月に本書にも出てくる西岡正次さんに呼ばれて講演に行った際、豊能地域の地方自体の職員の方々と懇談する機会があり、いろんなことを学ばせていただいたことがあります。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-6d1b.html(全国津々浦々で労働法教育を)

今旬の話題でいえば、NHKで放送されている「サイレントプア」(深田恭子主演)のモデルになっているのが豊中市なんですね。

そういう豊中のケースは、とても興味深いものがたくさんあります。

« 産業競争録会議長谷川資料で注意すべき点 | トップページ | ホワイトカラー・ノンエグゼンプションの原点@『全国労保連』5月号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筒井美紀・櫻井純理・本田由紀編著『就労支援を問い直す』:

« 産業競争録会議長谷川資料で注意すべき点 | トップページ | ホワイトカラー・ノンエグゼンプションの原点@『全国労保連』5月号 »