« 榎一江・小野塚知二編『労務管理の生成と終焉』 | トップページ | 世代間対立を超えて働き方を変えるための羅針盤 »

石畑良太郎・牧野富夫編著『よくわかる社会政策[第2版]』

165904石畑良太郎・牧野富夫編著『よくわかる社会政策[第2版]雇用と社会保障』(ミネルヴァ書房)を、執筆者の一人の鬼丸朋子さんよりお送りいただきました。ありがとうございます。

http://www.minervashobo.co.jp/book/b165904.html

労働政策や社会保障政策の改革に次ぐ改革は、果たしてわれわれの将来の生活にいかなる影響を与えるのか。さまざまな課題は密接に関連し合い、日常の生活に影響を及ぼしている。本書は、そうした現状を的確に捉え、基礎知識と問題点を、体系的に具体的に読者に理解してもらうことを目的として編集。1テーマを見開きで記述し、用語解説やクロスリファレンスを充実させ、初学者をはじめ、一般生活に役立つテキスト。

[ここがポイント]
〇最新の情報を踏まえた待望の第2版。
〇改革の動向と問題点を鋭くとらえ指摘。
〇1ページ見開き体裁で、充実の用語解説とクロスリファレンス。

ざっと目を通した感じで言うと、すごくクラシックな社会政策の教科書の枠組みのあちこちの中に、とても最新のトピックを詰め込んだ感じです。目次を見ると、その感じが伝わると思いますが、

はじめに 

序 社会政策の考え方
 1 社会政策とは何か
 2 社会政策の考え方をめぐる現段階の理論状況
 3 社会政策の歴史的展開
 コラム:公害問題と原発問題
 4 社会政策の現代的課題⑴:「福祉国家」体制の原理と社会政策
 5 社会政策の現代的課題⑵:社会政策と労働の諸課題
 6 社会政策の現代的課題⑶:社会政策と生活保障の諸課題
 7 社会政策の現代的課題⑷:社会政策と国家・地域・家族・個人
 8 社会政策機能への期待と展望
 9 日本国憲法と社会政策
 コラム:大規模災害と社会政策の役割

 
Ⅰ 賃金
 1 賃金とは何か:賃金を学ぶ意義
 2 日本の賃金の歩み
 3 日本の賃金の現況
 4 財界の賃金政策
 5 賃金体系の変遷
 6 各種の賃金格差・賃金差別
 7 同一価値労働同一賃金の原則
 8 社会政策としての最低賃金制
 9 日本の最低賃金制
 10 賃金闘争:春闘の過去・現在・未来

Ⅱ 労働時間
 1 生活時間と労働時間
 2 資本主義社会における労働時間の決定
 3 労働時間制度の歴史
 4 日本の労働時間制度
 5 所定労働時間と実労働時間の実際
 6 休日・休暇制度の実際
 7 日本的な労働時間規制
 8 時間外労働の濫用
 9 時間外労働をめぐる諸問題
 10 労働時間制度の改善に向けた課題
 コラム:世界の労働時間

Ⅲ 雇用・失業
 1 顕在的失業と潜在的失業
 2 今日の構造的失業とその要因
 3 雇用形態の多様化と不安定就業
 4 パートタイマー
 5 派遣労働
 6 業務請負,個人業主,テレワーク
 7 若者の雇用問題
 8 雇用・失業と社会政策の役割
 9 戦後日本の雇用・失業政策の展開
 10 ルールある雇用と働き方への改革
 コラム:ブラック企業と失業時のセーフティネット

Ⅳ 労使関係
 1 労使関係とは何か:その概念
 2 労使関係の構造と展開
 3 戦後の労働組合運動⑴:労働組合運動の高揚と民主化政策の転換
 4 戦後の労働組合運動⑵:「三井・三池」と「春闘」
 5 戦後の労働組合運動⑶:労働組合運動の転換と労使協調主義
 6 大企業内部における日本的労使関係の形成と展開
 7 日経連「新時代の『日本的経営』」と日本的労使関係
 8 「労働ビッグバン」とその歴史的展開
 9 「労働ビッグバン」の現段階と労働者保護法制
 10 労働問題の現状とこれからの労使関係

Ⅴ 高齢社会
 1 日本の人口の状態
 2 日本の高齢化の特徴
 3 高齢社会の課題と社会政策
 4 日本型福祉社会論
 5 高齢者福祉政策
 6 高齢者雇用政策
 7 社会的経済の重視
 8 社会的企業の保護育成政策:イギリスの経験
 9 オランダにみる新しい社会政策
 10 EUにおける高齢化社会政策

Ⅵ 社会保障
 1 社会保障とはなにか
 2 社会政策における労働と生活
 3 保険・社会保険・社会保障
 4 生活保護制度
 5 生活保護の現実と改革
 6 医療保障と医療保険制度
 7 医療保険と保険者間格差
 8 高齢者の医療保障
 9 公的介護保険の仕組み
 10 公的介護保険の問題点と将来
 11 年金制度の体系
 12 年金財政と運営
 13 最低保障年金と年金の将来
 コラム:労災と職業病

Ⅶ 男女平等
 1 男女平等をめぐる視点
 2 男女平等政策の歴史的変遷
 3 正規労働者の男女間格差問題
 4 雇用形態間格差と女性⑴:非正規労働者の「基幹化」
 5 雇用形態間格差と女性⑵:女性非正規労働者が抱える問題
 6 ワークライフバランスの現状と課題
 7 ハラスメントと女性
 8 貧困と女性
 コラム:「日本」+「子ども」+「親の貧困」=子どもの貧困?
 9 少子高齢化が女性にもたらす影響
 10 家庭生活と女性:結婚・妊娠・子育て・介護
 コラム:シューカツ,婚活,妊活,保活:まだ走り続けないといけないの?

Ⅷ 外国人労働者
 1 外国人労働者問題とは何か
 2 国際労働移動の動向
 3 現代日本の外国人労働者
 4 日系人労働者
 5 外国人技能実習生
 6 「不法就労」外国人労働者
 7 外国人看護師・介護福祉士
 8 専門・知識労働者受け入れの動向
 9 「定住化」と外国人住民問題
 10 外国人労働者と多文化共生
 コラム:国際社会における移住労働者政策

さくいん

お送りいただいた鬼丸さんは、男女平等の章の前半、男女格差や雇用形態格差のところを書かれています。

それにしても何だろう、最初のところで大河内一男の社会的総資本だの、社会政策本質論争だのというところから始まるクラシックさと、個々の項目で取り上げられているトピックの今風さとの雑居ぶりが何とも言えない味わいをもたらしていますね。

最後の章をまるまる外国人労働者に当てているのは、すごくアンバランスに見えて、直近の建設労働や介護労働に導入しようという前のめりな動きを考えると結構時宜に適しています。

|

« 榎一江・小野塚知二編『労務管理の生成と終焉』 | トップページ | 世代間対立を超えて働き方を変えるための羅針盤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石畑良太郎・牧野富夫編著『よくわかる社会政策[第2版]』:

« 榎一江・小野塚知二編『労務管理の生成と終焉』 | トップページ | 世代間対立を超えて働き方を変えるための羅針盤 »