« 労働問題と集団的自衛権 | トップページ | 二宮厚美編『新福祉国家構想4 福祉国家型財政への転換』 »

旧著短評

1124832011年刊行の旧著『日本の雇用と労働法』(日経文庫)に、久しぶりに読書メーターで短評がつきました。「あんさん」です。

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37289689

海外出張した際、専門教育を受けていない新卒者を採用する日本の就職制度や、数年毎に職場を異動することなど、何故そうなのか質問を受けても上手く答えられなかった。現地で納得が得られるかどうかは別にして、今後はこの本の内容で説明できそうに思えた。

 

|
|

« 労働問題と集団的自衛権 | トップページ | 二宮厚美編『新福祉国家構想4 福祉国家型財政への転換』 »

日本の雇用と労働法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/55863570

この記事へのトラックバック一覧です: 旧著短評:

« 労働問題と集団的自衛権 | トップページ | 二宮厚美編『新福祉国家構想4 福祉国家型財政への転換』 »