« 雇用問題の必読にして入門書 | トップページ | 労働法の立法学 »

労働時間指令における「経営管理者」の意義

日本では労働基準法41条の「管理監督者」の意義が大問題であるわけですが、これまでEU法ではそれに類する議論がほとんど見られず、いいネタはないかな状態であったわけですが、今回欧州委員会が、イタリア政府を欧州司法裁判所に訴えるという事態で、初めて労働時間指令における「経営管理者」の意義が正面から問われることになりそうです。

をいをい、またイタリアかよ・・・、ってのは、とりあえずおいといて。

http://ec.europa.eu/social/main.jsp?langId=en&catId=706&newsId=2033&furtherNews=yes(Working time: Commission refers Italy to Court for not respecting EU rules in public health services )

BlobservletThe European Commission has decided to refer Italy to the EU's Court of Justice for failing to apply correctly the Working Time Directive to doctors in public health services.

Currently, Italian law deprives these doctors of their right to a limit on weekly working hours and to minimum daily rest periods.

Under Italian law, several key rights contained in the Working Time Directive, such as the 48-hour limit to average weekly working time and minimum daily rest periods of 11 consecutive hours, do not apply to "managers" operating within the National Health Service.

The Directive does allow Member States to exclude "managing executives or other persons with autonomous decision-taking powers" from these rights. However, doctors working in the Italian public health services are formally classified as "managers", without necessarily enjoying managerial prerogatives or autonomy over their own working time.

In addition, Italian law contains other provisions and rules that exclude workers in the National Health Service from the right to minimum daily and weekly rest. After receiving several complaints, the Commission requested Italy to take the necessary measures to ensure that national law comply with the Directive in a reasoned opinion sent in May 2013.

イタリアの公衆医療の医者さんですが、EU指令で義務づけられている(時間外込みで)週48時間とか1日11時間の休息時間が適用除外されていて、それは彼らが「経営管理者」とされているからだが、しかしかれらは経営的権限(managerial prerogatives)や自分自身の労働時間への自律性(autonomy)を有していない、と。

おお、まさに聞いたことのある話ですね。

欧州司法裁判所がこの訴えを認めれば、労働時間指令でいう経営管理者について判例が確立することになります。

|

« 雇用問題の必読にして入門書 | トップページ | 労働法の立法学 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/55271437

この記事へのトラックバック一覧です: 労働時間指令における「経営管理者」の意義:

« 雇用問題の必読にして入門書 | トップページ | 労働法の立法学 »