フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 労働法の立法学 | トップページ | 勝利の方程式-リベラル右翼政党が成功する »

2014年3月11日 (火)

ブラック企業経営者を目指す人にとって必読の一冊

9784594070021今野晴貴さんの『ブラック企業』が大ブレークしたおかげで、ときならぬブラック企業ブームが起こっているようで、「ホワイト企業」なんてのも含めて、さまざまな2匹目、3匹目の泥鰌目当て本が続々と出ていますが、この本もその一冊といえばそうですが、なかなか目の付け所が良いな、と思ったのは、取材した経営者サイドの本音がずばずばと書かれていること。その一つ一つが、今野さんらPOSSEの人々の論点と対応していて、なかなか興味深い一冊になっています。

http://www.fusosha.co.jp/books/detail/3974

ブラック企業の実態について書かれた報道や書物は少なくないが、それらは労働者サイドの声をまとめたものが大半だ。本書では経営者サイドの視点を通じて、ブラック企業の実態を紐解く。

著者の秋山謙一郎さんが、ビジネスジャーナルでインタビューを受けていて、これが本書の良い要約になっているので、是非目を通してください。

http://biz-journal.jp/2014/03/post_4333.html(ブラック企業経営者が明かす、社員洗脳の手口~劣悪環境で“進んで”搾取される人々)

ブラック企業の構造を端的に言えば、

--ブラック企業の経営がシステマティックというのは、どういうことでしょうか?

秋山 まず、自分たちの組織の中だけでしか通用しない常識、ルールを徹底的に植えつけます。これに従わない者を徹底的に叩くと、従業員たちは「この組織はおかしいのではないか」と考えること自体が悪いことのように思い始めます。そうなると、経営サイドの戦略にはまり、長時間労働、サービス残業、休日出勤も厭わなくなります。

--洗脳によって、経営者の意のままに動く従業員がいるからこそ、ブラック企業が成り立っているというわけですね。

秋山 洗脳されない人、裏返せばルールに従順ではない人、限界まで我慢しない人、全力で仕事に取り組まない人は、ブラック企業にハマりにくいです。そういう人はバイト感覚でブラック企業を簡単に切り捨てて転職していきます。

それは新興宗教のやり方と同じであると。

--本書の帯にある「ブラック企業とは、宗教である」とは強烈ですね。

秋山 新興宗教団体は、まず教祖のカリスマ性を打ち出して、信者を囲い込んで洗脳し、団体に多額の寄付をさせます。この一連の流れとブラック企業で使われる手口は、まるで相似形のように浮かび上がります。

--宗教のビジネスモデルを見習えば、ブラック企業を経営できるわけですね。

秋山 「卵が先か、鶏が先か」ではないですが、新興宗教団体のビジネスモデルは、ブラック企業にとって参考になる点は多いでしょう。結局、宗教団体とは宗教なのか、それとも宗教というサービスを提供するビジネスなのか。そのように考えていくと、一般企業経営でも役立つところはあろうかと思います。もっとも、それはあくまで「ブラック企業では」という意味です。

この次のインタビュワの言葉が、皮肉のつもりでいったのではないのでしょうが、あまりにも痛烈な皮肉になっていて、思わず吹き出しました。

--これからブラック企業経営者を目指す人にとって必読の一冊ですね

秋山 ブラック企業経営者を目指す方に向けて書いたものではありませんよ(笑)。あくまでも現状を伝えるルポという位置づけです。最初にもお話ししましたが、現在ブラック企業で働いている方や、将来運悪くブラック企業に入社してしまった方が、ブラック企業経営者の手口を知ることで身を守ってもらいたいというところに主眼を置いています。

外面は流行に乗っただけの薄っぺらな本という雰囲気ですが、中身は結構深いです。

« 労働法の立法学 | トップページ | 勝利の方程式-リベラル右翼政党が成功する »

コメント

ブラック企業で検索してたどり着きました。

ブラック企業問題のうち、経営者サイドの話は、秋山謙一郎さんは、以前から指摘しておられましたね。

どちらかといえばブラック企業経営者については、エキスパートといえる方です。

下に紹介する記事で私も秋山さんを知った次第です。

現役ブラック企業社長が、社員を安くこき使う華麗な手口を暴露!

http://biz-journal.jp/2012/10/post_928.html

ビジネスジャーナル

一頃、ネット上ではかなり話題になった記事です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラック企業経営者を目指す人にとって必読の一冊:

« 労働法の立法学 | トップページ | 勝利の方程式-リベラル右翼政党が成功する »