« 「社員」を被用者という意味で使った戦時法令 | トップページ | 集団的労使関係システムの再検討 »

大内伸哉・川口大司『法と経済で読みとく 雇用の世界 新版』

L16429大内伸哉さんと川口大司さんの共著『法と経済で読みとく 雇用の世界 新版』(有斐閣)をお送りいただきました。ありがとうございます。

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641164291

初版刊後も,雇用政策や働く人々の環境はますます変化し続けている。解雇,非正社員,高齢者雇用等,喫緊の課題をさらに掘り下げ,終章は「政策を考える」視点で新たに書き下ろした。最新の動向をふまえ,広い視野で鋭く,これからの雇用社会の展望を描く!

ということで、終章の「これからの雇用政策を考える」が、近年の法政策に対する簡単なコメントになっています。

具体的には、賃金、解雇、限定正社員、有期雇用、労働者派遣、労働時間、おわりに、といった節立てです。


|

« 「社員」を被用者という意味で使った戦時法令 | トップページ | 集団的労使関係システムの再検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大内伸哉・川口大司『法と経済で読みとく 雇用の世界 新版』:

« 「社員」を被用者という意味で使った戦時法令 | トップページ | 集団的労使関係システムの再検討 »