« ザ・アール奥谷禮子社長との対談@『TheR』133号 | トップページ | 大内伸哉『君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会』 »

読みやすい良書です

Chuko拙著『若者と労働』について、読書メーターに「けみすと」さんの書評がアップされました。

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34686005

就活で求められる「人間力」や「ブラック企業」も日本の雇用形態(メンバーシップ型)に由来する問題なのだ、ということが欧米の雇用形態(ジョブ型)と比較することで分かります。今日の労働問題がこれ1冊を読むことでかなり分かると思います。読みやすい良書です。

「読みやすい良書」というのは、ありがたい評価です。

 

|

« ザ・アール奥谷禮子社長との対談@『TheR』133号 | トップページ | 大内伸哉『君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会』 »

若者と労働」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/54549585

この記事へのトラックバック一覧です: 読みやすい良書です:

« ザ・アール奥谷禮子社長との対談@『TheR』133号 | トップページ | 大内伸哉『君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会』 »