« 樋口美雄「経済の好循環実現に向けた課題」@ESRI | トップページ | 今朝のNHKニュースに登場していました »

卒論指導はメンバーシップ型?

「ジョブ型」「メンバーシップ型」という言葉がはやるのはいいんですが、

http://d.hatena.ne.jp/sean97/20140103/(ジョブ型大学)

中国の先生と話していると、彼我の違いに気づかされ、いろいろ面白い。

先日、卒論の話になって、・・・

卒論一人指導するごとに手当が出るという話を聞いて、

こうしてみると、日本の大学、完全に「メンバーシップ型」なんですね。ほとんど何でもやる/やらされる(可能性がある)。お手当も、ない場合も多い。

なんでもやるといっても、卒論指導は十分教育職のジョブディスクリプションの中に入っていて不思議ではないと思いますが。

それこそ、生活指導で夜の盛り場で生徒の行動を見張らされる中学や高校の先生から見れば、大学の先生は十分すぎるくらいジョブ型のような・・・。

・・・というと、いやいや最近の大学のセンセは学生さんの生活指導で忙しいんだよ、という声が聞こえてきますが・・・。

何にせよ、卒論指導が基本給に込みか別途手当を出すかどうかと、ジョブ型メンバーシップ型とはちょっと違う話のような・・・。

|

« 樋口美雄「経済の好循環実現に向けた課題」@ESRI | トップページ | 今朝のNHKニュースに登場していました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒論指導はメンバーシップ型?:

« 樋口美雄「経済の好循環実現に向けた課題」@ESRI | トップページ | 今朝のNHKニュースに登場していました »