フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« チープな福祉 日本とイギリス | トップページ | 産業競争力会議雇用・人材分科会中間整理 »

2013年12月26日 (木)

大沢真理『生活保障のガバナンス』

L17394

大沢真理さんより『生活保障のガバナンス』(有斐閣)をお送りいただきました。ありがとうございます。

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641173941

1980年代以降の生活保障システムを詳細なデータを基に跡づけ分析し,日本の社会・経済の脆弱性を照らしだす。特に貧困や地域格差など偏ったお金の流れ,個々人の「生きにくさ」がジェンダーと深く関わっていることを明らかにする。迫力ある著者待望の書。

大沢さんといえばジェンダー論からの社会政策という印象でしょうが、本書は極めて包括的かつ詳細に過去数十年の日本社会のありようを分析しており、じっくり読めばいくらでも得るところの多い本だと思います。

序 論 危機や災害に脆い社会
第1章 所得の格差・動態にかんするデータ─ミクロとマクロ
第2章 生活保障システムというアプローチ
第3章 福祉レジーム論をふりかえる
第4章 生活保障システムの3類型と日本
第5章 「失われた20年」のガバナンスの推移
第6章 失われた20年の始まり─1990年代のガバニング
第7章 小泉改革とはなんだったか─2000年代のガバニング
第8章 生活保障システムの比較ガバナンス─2000年代の日本の座標
終 章 グッド・ガバナンスに向けて

« チープな福祉 日本とイギリス | トップページ | 産業競争力会議雇用・人材分科会中間整理 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大沢真理『生活保障のガバナンス』:

« チープな福祉 日本とイギリス | トップページ | 産業競争力会議雇用・人材分科会中間整理 »