« 規制改革会議雇用WG報告 | トップページ | 『若者と労働』重版のお礼 »

2013年12月 7日 (土)

久しぶりに『新しい労働社会』評

131039145988913400963読書メーターで、久しぶりに『新しい労働社会』(岩波新書)への書評が載りました。

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33896874

日本の労働問題について一冊読めば大体わかる。「労働なきコーポラティズム」に象徴されるように日本は昔から労働組合の力が弱い。右肩上がりの成長を続けていた時期はそれでなんとかなったが、フルタイムの非正規労働者の出現で労働行政も大きな転換期を迎えていると感じた。少し細かい内容も多いが、マスコミや他の新書より突っ込んだ内容。労働行政の難しさと面白さがわかる。

|
|

« 規制改革会議雇用WG報告 | トップページ | 『若者と労働』重版のお礼 »

新しい労働社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/54176774

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに『新しい労働社会』評:

« 規制改革会議雇用WG報告 | トップページ | 『若者と労働』重版のお礼 »