« 『HRmics』17号 | トップページ | きいちさんの書評 »

EUのトレーニーシップ勧告案

去る12月4日、EUの欧州委員会が、トレーニーシップに関する勧告案を提案しました。

http://ec.europa.eu/social/main.jsp?langId=en&catId=89&newsId=2011&furtherNews=yes

若者雇用が問題であり続けてきたヨーロッパで、その解決策として期待されつつ、その濫用が問題として指摘されることの多いトレーニーシップについて、欧州委員会が指針となるべき事項を勧告案として提起しました。

The guidelines would increase transparency with regard to traineeship conditions, for example by requiring that traineeships be based on a written traineeship agreement.

The agreement should cover learning content (educational objectives, supervision) and working conditions (limited duration, working time, clear indication whether trainees would be paid or otherwise compensated and whether they would qualify for social security).

この指針は、トレーニーシップの条件の透明性を高める、たとえばトレーにシップが書面によるトレーにシップ協定に基づくことを求めている。

この協定は、学習内容(教育目的、監督)や労働条件(期間の限定、労働時間、有償か否か、社会保障資格の明記)をカバーすべきである。

|

« 『HRmics』17号 | トップページ | きいちさんの書評 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/54189919

この記事へのトラックバック一覧です: EUのトレーニーシップ勧告案:

« 『HRmics』17号 | トップページ | きいちさんの書評 »