« 民法第1条第3項を適用除外する特区!? | トップページ | 集団的労使関係なき権利教育は「窮鼠猫を噛む」か »

山崎文夫『セクシュアル・ハラスメント法理の諸展開』信山社

41fbr9zhll__sl500_aa300_山崎文夫さんから新著『セクシュアル・ハラスメント法理の諸展開』(信山社)をお送りいただきました。ありがとうございます。

http://www.hanmoto.com/jpokinkan/bd/9784797267167.html

性差別とセクハラ法理の今日的課題

各国におけるセクシュアル・ハラスメント規制の流れと、その判例法理から、予防と問題解決を探る。さらに、成熟しつつあるわが国のセクシュアル・ハラスメント法理の現状と差別禁止法の行方・方向性を論究・提示する一冊。

というわけで、目次は次の通りです。

 

第1部 セクシュアル・ハラスメントと法的アプローチ

第1章 2006年均等法改正とセクシュアル・ハラスメント
 はじめに
 第1節 2006年改正均等法上のセクシュアル・ハラスメント概念
 第2節 事業主の雇用管理上の措置義務
 第3節 企業名公表・過料及び紛争解決援助
 む す び

第2章 セクシュアル・ハラスメントと過敏な被害者問題
 はじめに
 第1節 アメリカにおける過敏な被害者問題
 第2節 わが国における過敏な被害者問題
 む す び

第3章 ジェンダー・ハラスメントの法理
 はじめに
 第1節 アメリカにおけるジェンダー・ハラスメントの法理
 第2節 イギリスにおけるジェンダー・ハラスメントの法理
 第3節 フランスにおけるジェンダー・ハラスメントの法理
 第4節 わが国におけるジェンダー・ハラスメントの法理
 む す び

第4章 セクシュアル・ハラスメントと性差別
 はじめに
 第1節 EUにおけるセクシュアル・ハラスメントと差別法理
 第2節 EU指令とフランス国内法
 む す び
 翻訳資料 共同体法差別禁止分野への適合規定を定める2008年5月27日の法律

第5章 セクシュアル・ハラスメントと女性に対する暴力概念
 はじめに
 第1節 国連における女性に対する暴力とセクシュアル・ハラスメント
 第2節 EU及びフランスにおける女性に対する暴力とセクシュアル・ハラスメント
 第3節 わが国における女性に対する暴力とセクシュアル・ハラスメント
 む す び

第2部 セクシュアル・ハラスメントに関する最近の法的諸問題

第6章 セクシュアル・ハラスメントと懲戒処分
 はじめに
 第1節 セクシュアル・ハラスメントと法規制
 第2節 セクシュアル・ハラスメントと懲戒処分の基準
 第3節 セクシュアル・ハラスメントと管理監督責任

第7章 セクシュアル・ハラスメントと労災補償
 はじめに
 第1節 アメリカの労災補償
 第2節 わが国の労災補償
 む す び

第8章 セクシュアル・ハラスメントと報復禁止
 はじめに
 第1節 わが国の報復禁止法制
 第2節 EU諸国の報復禁止規定
 第3節 アメリカの報復禁止規定
 む す び

第9章 フランスのセクシュアル・ハラスメント罪と罪刑法定主義
 はじめに
 第1節 刑法典セクシュアル・ハラスメント罪
 第2節 憲法院セクシュアル・ハラスメント罪違憲判決
 第3節 セクシュアル・ハラスメントに関する2012年8月6日の法律
 む す び
 翻訳資料  セクシュアル・ハラスメントに関する2012年8月6日の法律及び司法大臣通達

第10章 台湾のセクシュアル・ハラスメント罪
 はじめに
 第1節 性騒擾罪
 第2節 わが国とセクシュアル・ハラスメント罪
 結  語

欧米だけではなく、台湾のセクハラ立法も盛り込まれています。中国語では「性騒擾」っていうんですね。

|

« 民法第1条第3項を適用除外する特区!? | トップページ | 集団的労使関係なき権利教育は「窮鼠猫を噛む」か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山崎文夫『セクシュアル・ハラスメント法理の諸展開』信山社:

« 民法第1条第3項を適用除外する特区!? | トップページ | 集団的労使関係なき権利教育は「窮鼠猫を噛む」か »