フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 『若者と労働』は在庫切れ@amazon | トップページ | ボルタンスキー&シャペロ『資本主義の新たな精神』(上)(下) »

2013年8月12日 (月)

ダンダリン・労働基準監督官@日テレ

N0055488_l労働基準監督官が主人公のマンガ「ダンダリン」が、竹内結子主演でテレビドラマ化されるそうです。

http://www.cinematoday.jp/page/N0055488

女優の竹内結子が、10月にスタートする日本テレビの新ドラマ「ダンダリン・労働基準監督官」で同局の連続ドラマ初主演を務めることが明らかになった。本作は、「カバチタレ!」などで知られる田島隆(とんたにたかし)原作のコミック「ダンダリン一〇一」を基に、労働者の保護を職務とする労働基準監督官の姿を描いた作品。竹内は12年ぶりに長い髪をバッサリとカットし、ブラック企業に立ち向かう主人公・段田凛を演じる。

ドラマ「ダンダリン・労働基準監督官」は日本テレビ系にて10月スタート 毎週水曜日午後10時放送

ちなみに、原作の段田凜の姿は・・・

Img_654433_25582298_0



« 『若者と労働』は在庫切れ@amazon | トップページ | ボルタンスキー&シャペロ『資本主義の新たな精神』(上)(下) »

コメント

この感想が一番妥当。

https://twitter.com/shinjitsuichiro/status/385402865595850752

『ダンダリン』、つまらなくはないんだけど、シリアスとギャグのバランスが悪いような気がして、いまいちハマれない。

https://twitter.com/shinjitsuichiro/status/385405314238914560

ブラック企業の描写をシリアスにやってるのに、その経営者を逮捕するプロセスがギャグの連続なので、なんかリアクションしにくい。

「あるある」話の結末が「ないない」なのでなんとも・・・。

 今放送しているNHK朝ドラ「スカーレット」では主人公の女性家政婦が、有休どころか決まった休みもなく毎日遅くまで働いています。労働基準法違反だと思うのですが、労基法の適用除外(労働基準法第116条2項「この法律は、同居の親族のみを使用する事業及び家事使用人については、適用しない」)に該当するということで問題ないのでしょうか? 遠縁の女性(独身)が副業で営む下宿屋の下宿人3名と遠縁の女性の食事や洗濯等を担っています。住んでいるのはこの4名と主人公。適用除外の両方(「同居の親族のみを使用する事業」と「家事使用人」の両方) に該当するように思えますし、寮母というふうに考えれば労基法の適用対象だとも思えます。どのように考えればよいでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンダリン・労働基準監督官@日テレ:

« 『若者と労働』は在庫切れ@amazon | トップページ | ボルタンスキー&シャペロ『資本主義の新たな精神』(上)(下) »