フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 「ジョブ型正社員の雇用ルールの整備について」 by 鶴光太郎 | トップページ | BSフジプライムニュース『65歳定年時代の働き方 日本型雇用の行方とは』のログ »

2013年4月23日 (火)

『教育の設計と社会の設計』

広田照幸さんより研究成果報告書の第2弾『教育の設計と社会の設計』をお送りいただきました。ありがとうございます。

第1弾の報告書には、わたくしも呼ばれて喋った記録も載っていますが、こちらは2012年の活動の成果で、特に興味深いのは、天野郁夫『大学の誕生』の合評会の記録と『現代社会の変化と教育システム』というシンポジウムです。

前者は、森直人さんが発題、吉田文さんと稲葉振一郎さんが報告、天野さんが著者リプライ。

後者は森直人さんの司会で、広田さんが発題、小玉重夫さんと稲葉さんが報告、さらにコメントがつき、討論があるというなかなか贅沢なものです。

その中から、話の本筋じゃないくすぐりのところだけ、ちょいと引用しておきましょうか。前者の大学論で、吉見俊哉さんの話が出たところで、

稲葉:すごく気になるのは、だからまさに、いや草莽の志士の話をしているけれども、あの人ご自身は草莽だったことは一度もないので。

-:(笑)

稲葉:むしろ現代で「草莽の志士」に対応する人というと、たとえば呉智英と浅羽道明のことが僕は念頭に浮かぶんです。彼らはずっと在野で食うや食わずでフリーライター兼大学・予備校教師をしつつ、私塾的な試みをもやっているんですね。私塾をやった結果、あの人たちが到達した結論は、現代の私塾には自意識をこじらせた馬鹿、プライドの高い社会的不適応者ばっかりがやってくるんで、草莽の結集どころかこいつらのリハビリをしなきゃいけない(笑)のが今の日本の現状だといっているわけです。そういう世界をね、吉見さんはよく知らないんじゃないか。浅羽さんの言う「教養」ってのはそういうリハビリのことですね。

と、なかなか痛烈です。

« 「ジョブ型正社員の雇用ルールの整備について」 by 鶴光太郎 | トップページ | BSフジプライムニュース『65歳定年時代の働き方 日本型雇用の行方とは』のログ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『教育の設計と社会の設計』:

« 「ジョブ型正社員の雇用ルールの整備について」 by 鶴光太郎 | トップページ | BSフジプライムニュース『65歳定年時代の働き方 日本型雇用の行方とは』のログ »