« 日経病? | トップページ | 今野晴貴『日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか?』 »

毎日「月刊時論フォーラム」で拙論紹介

毎日新聞のオピニオン欄、「月刊時論フォーラム」で、『世界』に載せた拙論が森健さんの「今月のお薦め3本」の一つとして紹介されています。

http://mainichi.jp/select/news/20130425ddm004070002000c5.html(月刊・時論フォーラム:4月・座談会 アベノミクス)

◇ジャーナリスト・森健さん

■世界標準からみた「保守」「リベラル」(会田弘継・宇野重規、中央公論5月号)

日本で政治思想が混迷する一因を読み解く。

■「労使双方が納得する」解雇規制とは何か(濱口桂一郎、世界5月号)

日本企業の解雇の実態を紹介し、職務型雇用の推進など雇用制度全体の見直しを提言。

■アベノミクス後の日本(藤吉雅春、文芸春秋5月号)

アベノミクスの展開を、豊富な取材とともに予見。日本の潜在的な危機が顕在化する

|

« 日経病? | トップページ | 今野晴貴『日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか?』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎日「月刊時論フォーラム」で拙論紹介:

« 日経病? | トップページ | 今野晴貴『日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか?』 »