フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今野晴貴『日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか?』 | トップページ | 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律案 »

2013年4月26日 (金)

正社員の辞書に「それは私の仕事ではない」という言葉はない

脱社畜さんが

http://dennou-kurage.hatenablog.com/entry/2013/04/24/210130(「これは私の仕事ではない」が強く言えない日本の職場)

112483いや、それは昔から言い古されていることで、わたくしの『日本の雇用と労働法』でも、131ページからのところで

以上のような労働時間の無限定さの背景にあるのは、職務限定のないメンバーシップ契約という日本型雇用システムの本質です。Ⅰ章で「実際に労働者が従事するのは個別の職務です」と述べましたが、欧米の職場のように個々人に排他的な形で職務が割り振られているわけではなく、個々の部署の業務全体が人によって責任の濃淡をつけながらも職場集団全体に帰属しているというのがむしろ普通です。「自分の仕事」と「他人の仕事」が明確に区別されていないのです。そのため、同僚の作業がまだ終わっていないのに、自分の作業が終わったからさっさと仕事を終えて帰る、という行動様式をとることが難しく、結果的に職場集団の全員が仕事を終えるまでみんなで残業することが多くなります。正社員の辞書に「それは私の仕事ではない」という言葉はないのです。年休の取得が難しいのも、同じメカニズムが働いているでしょう。

と述べています。

 

« 今野晴貴『日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか?』 | トップページ | 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律案 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正社員の辞書に「それは私の仕事ではない」という言葉はない:

« 今野晴貴『日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか?』 | トップページ | 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律案 »