フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 解雇規制論議 労使納得してこそ@朝日記者有論 | トップページ | 『HRmics』15号 »

2013年4月 6日 (土)

BSフジプライムニュースのお知らせ

来週火曜日のBSフジプライムニュースに出演します。

4月9日(火) 『65歳雇用義務化・解雇規制緩和 日本の雇用を考える』

 今月1日から改正高年齢者雇用安定法が施行され、定年に達した希望者全員の65歳までの雇用確保がすべての企業に義務付けられた。
 4月から年金の支給開始年齢が61歳となり、段階的に65歳まで引き上げられることに伴い、無収入の期間が生じてしまう可能性があるための措置だが、この制度によって若者の雇用を奪うのではとの懸念も指摘されている。
 一方、政府の産業競争力会議で、解雇規制の緩和をめぐる議論が活発化している。「解雇を容易にして雇用の流動化を高め、衰退産業から成長産業へ経済の新陳代謝を促す」というのが推進派の主張だが、これまで終身雇用に守られてきた多くのサラリーマンには不安を覚える内容となっている。
 今回の65歳定年制、解雇規制緩和論議など、高齢化社会での働き方を考える。
ゲスト: 塩崎恭久 自由民主党政務調査会長代理
濱口桂一郎 労働政策研究・研修機構統括研究員
八代尚宏 国際基督教大学客員教授

まず、65歳定年の義務化じゃないし、65歳雇用義務化は既に2004年改正で導入されていて、今回の改正はその例外措置をなくしただけだし、その労使協定で継続雇用されなかったのは昨年の段階でせいぜい2%くらいであって・・・と、このタイトルに文句をつけるあたりから話が始まりそうな予感が。

(追記)

昨日のプライムニュースの動画がBSフジのサイトにアップされています。

http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d130409_0

« 解雇規制論議 労使納得してこそ@朝日記者有論 | トップページ | 『HRmics』15号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BSフジプライムニュースのお知らせ:

« 解雇規制論議 労使納得してこそ@朝日記者有論 | トップページ | 『HRmics』15号 »