« 特定社労士しのづかさんの『世界』論文への感想 | トップページ | 『﨑岡利克オーラルヒストリー』 »

『近江絹糸人権争議オーラル・ヒストリー(1)』

労働オーラルヒストリーでその名も高い梅沢・南雲・島西グループによる新たなレポートですが、これは大阪で気を吐いているエル・ライブラリーの谷合香代子さん、千本沢子さん、関西女の労働問題研究会の伍賀偕子さんも加わり、もと近江絹糸労働組合の小林忠男氏の話を聞いたもので、表紙の一番上には「エル・ライブラリー労働史オーラル・ヒストリー・シリーズ」と書かれています。

近江絹糸人権争議は戦後労働史で大変有名ですが、争議後組合は分裂していて、それは経営立て直しをめぐって夏川社長と大株主の銀行が対立し、主流(全繊)派は銀行側、反主流(総評)派は夏川社長側に立って対立してるんですね。

これは(1)で、さらにこの争議のオーラルヒストリーは続いているそうです。

|

« 特定社労士しのづかさんの『世界』論文への感想 | トップページ | 『﨑岡利克オーラルヒストリー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『近江絹糸人権争議オーラル・ヒストリー(1)』:

« 特定社労士しのづかさんの『世界』論文への感想 | トップページ | 『﨑岡利克オーラルヒストリー』 »