フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 職務限定正社員に関する日経記事 | トップページ | 『東洋経済』4月6日号 »

2013年3月29日 (金)

濵本・興津編『ヨーロッパという秩序』

108078濵本正太郎・興津征雄編『シリーズ激動期のEU3 ヨーロッパという秩序』(勁草書房)をお送りいただきました。

お送りいただいたのは、この本の第3章「EU社会法の柔軟性と正当性」を書かれている櫻庭涼子さんであろうと思います。

櫻庭さんの論文は、EUのパート、有期、派遣3指令の立法過程に着目して、労使合意による規範設定の限界を論じているもので、私にとってはとても近しい内容ですが、その他の論文も、EUという法秩序の有り様をさまざまな角度から分析していて、大変興味深いものでした。

というか、EU時代は労働に限らず、EUのさまざまな側面を勉強する機会が結構あったのですが、日本に帰ってからはどうしても視野が労働問題に限られて、憲法多元主義だの、人権条約だのといった話からは距離があってので、読みながら結構懐かしい思いもしました。

こういう形の論集を送っていただいたことを感謝いたします。

« 職務限定正社員に関する日経記事 | トップページ | 『東洋経済』4月6日号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 濵本・興津編『ヨーロッパという秩序』:

« 職務限定正社員に関する日経記事 | トップページ | 『東洋経済』4月6日号 »